FC2ブログ

Category

音楽雑感 1/1

Puccini's "Madama Butterfly" at Wiener Staatsoper.

2020年2月29日(Wien)このオペラは徹頭徹尾蝶々さんの物語なので、サエ・キュン・リムの好演がすべて。彼女が演じる蝶々さんはトスカと重なり、人種や時代が違えども同じ女性であり、かつ同じ作曲家から生み出されたヒロインなのだと教えられます。グレアム・ジェンキンスが率いる音楽は、歌舞伎でいう世話物を感じさせるもので、淡々と進むがゆえに、プッチーニが随所で聴かせる切ない和声に胸が痛くなるのです。《蝶々夫人》と...

  •  -
  •  -

Mahler's Symphony No.5 by Rotterdams Philharmonisch Orkest and Yannick Nézet-Séguin.

2020年2月18日(Paris) 久しぶりに音楽を聴きました。ヤニック・ネゼ=セガン指揮、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団。前から3列目に座ると、耳が弦楽器のディテールを掻い潜るように進み、ざわめく森へと迷い込んだような白昼夢に誘われます。よく知るスコアから予期せぬアクセントやデリケートなポルタメントが聴こえると、この交響曲がアルマへの愛の詞だと思い出されます。そして曲の至るところで浮かび上がってくる...

  •  -
  •  -