FC2ブログ

Category

時々休息 1/1

A magical schnaps of the Alps

2019年9月7日(神戸)  自宅に帰るのはいつぶりでしょうか。不在中には皆様よりたくさんの誕生日プレゼントをお届けいただきまして、この場を借りて御礼申し上げます。旅行かばんを開いて、夏休みの収穫を棚に陳列しているだけで気分が高揚しますが、インスブルックで買ってきたシュナップス(アルプスの氷河水とチロルの薬草で作られた蒸留酒)をシャンパンに入れると、魔女の秘薬という名のとおり妖しい色合いになり、アドレナ...

  •  -
  •  -

One night with an old friend

2019年8月18日(富山) 海に近い田んぼの中にぽつんと立つ、まったく有名ではないひなびた温泉旅館で、旧友とマニアックなウィスキーを傾け、食品添加物まみれのスナックを食べながら、ひたすらオーケストラ談義。腹を抱えて笑い、吠えまくる年2回の心のオアシス。気がつけば人生の半分くらいをこうやって過ごしています。 帰りは彼の畑で無農薬の野菜をいくつか収穫させてもらい、東京への新幹線に乗りました。...

  •  -
  •  -

Short break in Kobe

No image

2019年8月11日(神戸) 残暑の候 本格的な暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。今年は山に登らず、数日間神戸の自宅にこもり、のんびり過ごします。 近年は海外への渡航が増え、演奏や執筆、大学の勤務、年間100回以上のセミナーだけで手一杯ではありますが、時間が許すかぎり後進に音楽を伝えたいと思い、主に第2指導者として定期的に指導にあたっております。このたびはピティナ・ピアノコンペティションに参...

  •  -
  •  -

Best wishes for the summer season!

2019年8月1日(神戸) 自宅スタジオで商業用収録ができる環境が整い、数年越しの悲願がようやく叶いました。あとはアイデアを形にしていくのみです。今日は久しぶりに一日中ピアノに向かっており、身体が本来の自分のスタイルに戻り、楽になりました。大きなプロジェクトを支えてくださっているチームの皆に感謝。...

  •  -
  •  -

at MAIMON GINZA

2019年6月12日(東京) 夢は語り合うものではなく、実現させるもの。極めてシンプルな考え方ですが、基本的にはこれだけで十分。あとは長い道を決して厭わず、どれほど複雑な手順でもアイデアと職人気質で一つずつほどいていく。日進月歩で変化する世界情勢を先読みしながら、守るべきものを見極め、ぐいぐい時代を牽引していけるチームでありたいと乾杯。ワーカホリック集団に必要なものは仕事と滋養。...

  •  -
  •  -

Skiing at GALA Yuzawa Snow Resort, Niigata

2019年2月1日(湯沢) 初めてのGALA。ゲレンデまで新幹線が首都圏から乗り込む夢のようなスキー場では、広瀬香美やユーミンの歌をバックに滑りたいところですが、朝からひどい吹雪で、狭いコースはボーダーで大渋滞。夢と現実のはざまをすり抜けながら、GoPro Hero7 Blackをデビューさせました。...

  •  -
  •  -

Skiing at Sapporo Teine, Hokkaido

2019年1月21日(札幌) 再びサッポロテイネ。叩きつけるような風が雪の粉を高く舞い上げています。波がさらっていく砂浜のようにシュプールは消え、とりわけ女子大回転コースは鏡面のように磨かれている今日のコンディション。 今朝の山頂はマイナス14度、リフトを大きく揺らす吹雪で顔は痺れ、髭に氷の塊ができます。それでも厳しい時間帯が過ぎれば、眼前に石狩平野が現れて、手稲山くらいでも天に近づいたような感慨がありま...

  •  -
  •  -

Skiing at Sapporo Teine, Hokkaido

2019年1月18日(札幌) 初滑りはサッポロテイネ。午後から仕事なので、朝一番でゲレンデ入りしたものの、山頂はマイナス15度で吹雪。昨晩から北海道は大荒れの天候で、正午前まで山頂行きのゴンドラ・リフトは共に運休。それでもなんとか3本滑りました。スマートフォンでの撮影は片手が奪われるので、早くGoProを装着したいです。...

  •  -
  •  -

Have a happy new year!

2018年12月31日(神戸) 自宅の庭に増築した小屋は半年間手付かずでしたが、ようやく事務所の設営に取り掛かり、タワーレコードの配列を真似てCDを並べているところ。4基で300kg弱のスピーカーを東京から送り返すのは、グランドピアノを運ぶのと同じ手間ですが、ここで真空管アンプのスイッチを入れるのが楽しみ。 本来あるべきところにあるべきものがある生活。それを手に入れるのがどれだけ難しいかを感じながら、自分にでき...

  •  -
  •  -

Himi Harbor Cruising

2015年8月15日(氷見) 山に登ったり、海に潜ったり、行列に並んだり、感動して涙したり。何の目的もなく、ぼんやり氷見湾をクルージング。...

  •  -
  •  -