Masterclass at Osaka

30-31/5/2015(大阪)
地震列島を西に逃れ、昨日は豊中、今日は大阪の三木楽器開成館で特別レッスン。昨年よりはレッスン日を少なく調整したはずですが、気がついたらすでに200人のコンクール指導に携わらせていただいています。もっと多くのことを伝えたいという思いは、常に時間との戦いです。

.31 2015 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Masterclass at Utsunomiya

29/5/2015 (宇都宮)
14~22時にわたり、宇都宮での特別レッスンがUSTREAM配信されました。
.29 2015 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Guest Performance at Numazu, Shizuoka

28/5/2015(沼津)
皇室に大変ゆかりの深い大中寺より出演の依頼を賜り、今日は三笠宮彬子女王の御講演の前にミニコンサートを務めさせていただきました。彬子殿下と御昼食も共にさせていただき、貴重なお話を拝聴いたしました。慎み深くも気さくなお人柄に触れさせていただき、身に余る光栄なひと時でした。

.28 2015 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Benefit Concert (2 recitals) at Kobe

27/5/2015(神戸)
フランス・クリダ先生が亡くなられてちょうど3年が経ちました。一年掛かりで教えていただいたリストのピアノソナタには、先生との思い出だけでなく、音楽家としての歩む道や覚悟といった人生のすべてが凝縮されています。先生の訃報を聞いて以来、重く閉ざしていた楽譜ですが、久しぶりに表紙をめくりました。11回目を迎えたチャリティーコンサートは1日で2リサイタル。最後に壮大なファウスト伝説を音で描きましたが、これはやはり墓場まで背負っていくべき作品です。

.27 2015 日々音楽 comment(-) trackback(-)

My collection in a heap

26/5/2015(神戸)
引越作業中にも関わらず、毎日のように届けられるCDや書籍がひどい量になっており、家人に怒られています。月10万円を超えることは当たり前なので、金額ではなくタイミングが問題なのです。まだ届いていないものも多く、事後報告が必至です。新居への引越が一段落しましたら、《赤松林太郎の音楽棚(読む 聴く 綴る)》を始めます。(写真は今月分)

.26 2015 時々休息 comment(-) trackback(-)

Masterclass for Hyogo-Sanda Piano Academy

25/5/2015(三田)
兵庫三田ピアノアカデミーは3年目を迎えますが、地元の幼稚な妨害もすっかりなくなり、今では近隣諸県はじめ香川県や山口県などからも受講生が集うようになり、多彩な陣容になってきました。今日も夜遅くまで特別レッスンが続きました。生き方も含めて音楽に忠実でなければ、音楽人を務めることはできないと思う今日この頃です。

.25 2015 日々音楽 comment(-) trackback(-)

PTNA Piano Step at Sanda, Hyogo (Adviser & Talk-concert)

24/5/2015(三田)
ピティナ・ピアノステップの三田地区(さんだステーション)でアドバイザー&トークコンサートを務めさせていただきました。3週間後の予選会場にもなっているので、兵庫三田ピアノアカデミーからも出演者多数。明日も引き続きアカデミーレッスンです。

.24 2015 日々音楽 comment(-) trackback(-)
 HOME 

[ SEARCH ]


[ TWITTER ]

[ AMAZON.CO.JP ]


第2回ダヌビア・タレンツ国際音楽コンクール(ハンガリー・ヴァーツ)のレポートを執筆しました。
 

2017年の新譜CD《インヴェンションへのオマージュ》(キングインターナショナル)です。
 

インタビューを全面記事で掲載していただきました。
 

〈今月の1曲〉シューマン『飛翔』の練習課題を執筆しました。
 

特集「コンクール奮闘記」にて執筆しました。また、インタビュー記事や多摩で開催された「CASIO Music Baton」のレポートも掲載されています。
 

特集「“聴く”ってなあに?」にて執筆しました。また、台湾で開催された「CELIVIANO Grand Hybrid」のレポート記事も掲載されています。
 

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2017の出演について、また京都で開催された「CASIO Music Baton」のレポートも掲載されています。
 

特集「今どき!電子ピアノ事情」にて執筆しました。
 

特集「はじめての先生に教えたい!コンクール活用術」にて、ピアニストのプログラム構成法について執筆しました。
 

「ピアニストが語る2017年春夏のスケジュール」にて執筆しました。
 

新譜CD《そして鐘は鳴る》について、インタビューを全面記事で掲載していただきました。
 

特集「フィギュアスケートを彩るクラシック」にて執筆しました。また、ベストドレッサー賞の授賞式における演奏についてレポート取材が掲載されています。
 

金沢での「CASIO Music Baton」についてレポート取材が掲載されています。
 

2016年の新譜CD《そして鐘は鳴る》(キングインターナショナル)です。
 

初執筆のエッセイ本《赤松林太郎 虹のように》(道和書院)です。
 

表紙&巻頭インタビューが6頁にわたり掲載されています。
 

導入期のペダリングについて執筆しました。
 

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2016の出演についてレポート取材が掲載されています。
 

特集「私のピアノ黎明期」にて、幼少時代(写真付)のことを執筆しました。
 

飯田有抄さんにモデルレッスン生を務めていただき、対談形式でレッスンの様子が6頁にわたり掲載されています。
 

誌上講座にてシューマン作品の指導法「ポエジーこそがシューマンの魅力であり演奏の難しさでもある」を執筆しました。
 

2014年の新譜CD《ピアソラの天使》(キングインターナショナル)です。
 

「きものMyStyle」拡大版で掲載されています。


2014年の新譜CD《ふたりのドメニコ》(キングインターナショナル)です。
 

「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第4回が掲載されています。エッセイと共に、冬のコレクションをお楽しみ下さい。


「レッスン密着レポ」で5頁特集されています。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第3回が掲載されています。エッセイと共に、秋のコレクションをお楽しみ下さい。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第2回が掲載されています。エッセイと共に、夏のコレクションをお楽しみ下さい。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」という連載ページが始まりました。エッセイと併せて、私のきものコレクションそお楽しみ下さい。


男のきもの特集で「おしゃれ達人の『男』の着こなし」として1頁取り上げていただきました。


2010年の新譜CD《My dear Hungary!!》です。


等伯没後400年の2010年、彼の代表作『松林図屏風』に寄せたエッセイが「別冊太陽」(平凡社)で掲載されました。


別冊付録「プチ・モス」の表紙になりました。


メジャーデビュー公演前に、インタビューを全面記事で掲載していただきました。