Jeszcze Polska nie zginęła!

28/10/2017(Warsaw)
「ドンブロフスキのマズルカ」の名で知られているポーランド国歌ですが、1番の歌詞に「進め進めドンブロフスキ、イタリアの地からポーランドへ、汝の指揮下に、同胞と一つにならん」という件があります。なぜイタリアなのかという答えは、ワルシャワ市内の至る所で見つけることができます。高校の世界史で学んだとおり、ポーランドは3回にわたる国土分割(プロイセン・ロシア・オーストリアに譲渡)により、1世紀以上に及ぶ国家消滅の歴史を持ちます。ポーランドを併合した三国に対峙したのがナポレオン・ボナパルトが率いるフランスでした。ジャック=ルイ・ダヴィッドの描いた『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』が後世まで語り継いだフランス軍のイタリア侵攻ですが、そこで多くのポーランド軍隊がオーストリア軍からナポレオンのもとに投降しました。精鋭で知られていたポーランド軍団はフランス軍の部隊を任されることになり、ドンブロフスキの友人でもあったユゼフ・ヴィビツキ中尉が作詞したものが「イタリアのポーランド軍団の歌」として歌われるようになりました。ナポレオンの勢いは東に向けられ、プロイセンとの戦いで勝利したフランス軍はポズナンに入り、1807年の講和によってワルシャワ公国が誕生。ポーランド人にとっては久しぶりの主権回復となりました。しかし、ポーランドを足がかりにしたロシア遠征に失敗したナポレオンは、敗戦に次ぐ敗戦で帝位を失脚して、エルバ島に流されたことでフランスの帝政は中断。ナポレオンと運命を共にしたポーランドは、フランスと明暗を分かつ形で、再び国家消滅を道に至ります。各国に散らばったポーランド人は歴史に翻弄される形で、お互いが剣を交えなければならなかった苦悩の歴史を背負っています。そして再生の機運のたび、悲劇が襲いかかる物語の連続です。しかし、ささやかな期間だったワルシャワ公国で歌われ続けたのが「ドンブロフスキのマズルカ」だったという史実は、ポーランドの歴史を象徴的に物語っているように感じられます。歴史の試練に鍛えられた不屈の国民性です。今日のポーランドは、世界的な恐慌が相次いだにも関わらず、プラス成長を続けていますが、このことにも様々な歴史的背景が垣間見えます。私は今回の滞在を通して、ワルシャワで多くのことを見聞しました。そしていつも思うことですが、日本人がヨーロッパで仕事をするのに最も必要なものは、相手をよく理解することです。経済力ではなく歴史的知見です。哲学や思想をはじめユーモアや品格もそこから派生されるものだからです。国の尊厳や企業の価値を毀損しない働きとは何でしょう。志を共にする皆で考えていきたいことです。

 
 
.28 2017 海外漫遊 comment(-) trackback(-)

Concert with Prima Vista in Warsaw

27/10/2017(Warsaw)
ポーランド日本情報工科大学におけるコンサートでは、14歳のポーランド人ヴァイオリ二ストEmilia Szłapaさんとのデュオに始まり、ポーランドが世界に誇る弦楽四重奏団Prima Vistaとベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番を演奏しました。終演後のサイン会にはワルシャワの皆様が長蛇の列で並んで下さり、すばらしいイベントになりました。

 
 
 
.27 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Chopin and Liszt at Park Łazienki

26/10/2017(Warsaw)
フランツ・リストがショパンの評伝を書いたのは、彼が亡くなったわずか3年後のことでした。これは単なる友情の書ではなく、ショパンとリストの精神的な強い結びつきを表しているもので、それぞれの母国が難しい道のりを歩んでいる中で、新しい時代を切り拓いていった芸術家どうしの尊敬と信頼が主題になっているように思います。そしてそのことをワジェンキ公園でも見ることができました。ショパンの存在には必ずリストが立ち会います。その尊い関係を未来まで伝えようとしたワルシャワの人たちを感じ、私はポーランドに心から敬意を抱きました。

 
 
.27 2017 海外漫遊 comment(-) trackback(-)

Muzeum Fryderyka Chopina w Warszawie

25/10/2017(Warsaw)
ワルシャワのショパン博物館には、ショパンの枕元に飾られていた押し花が展示されています。彼がパリのヴァンドーム広場12番地で帰らぬ人となった時、ショパンの後継者ともいわれたマルツェリーナ・チャルトスカがそこにいました。彼女はマドレーヌ寺院の葬儀で使われた花を押し花にして、終生大切にしていたと伝えられているので、ひょっとしたらこの押し花も彼女の手によるものかもしれません。留学地のパリで初めての新年を迎えるにあたり、私はセーヌ川に上がる花火をできるだけ近くで見たいと思い立ち、息を切らしながらたどり着いた先がヴァンドーム広場でした。パリジャンがするようにシャンパンを抜いて新年を祝いたかったのですが、持ち合わせのほとんどない私には青島ビールの缶が精いっぱいでした。それでもショパンが息を引き取った12番地の入口で、ショパンを感じながら希望のイルミネーションを見たことは一生の宝になりました。お金も将来のあてもなく、パリで辛い日々を過ごしていた異邦人にとって、ショパンは大きな心の支えでした。

 
 
 
 
 
.25 2017 海外漫遊 comment(-) trackback(-)

【レポート】10月20日赤松林太郎先生 バロックpart.2講座|ピティナ甲府支部

ワインの新酒ができる頃、毎年ピティナ甲府支部にお招きいただき、公開講座を開催していただいています。
http://branch.piano.or.jp/kofu/column/2017/10/25_012431.html
.25 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)

【レポート】バッハのいろは第1回(赤松林太郎先生)|ピティナ熊本きなっせステーション

ピティナ熊本きなっせステーション(代表:黒木和子先生)で3回にわたり開催していただいた《バッハのいろは》の実施レポートです。

http://branch.piano.or.jp/kumamoto-kinasse/column/2017/10/25_012427.html
.25 2017 お知らせ comment(-) trackback(-)

Staying at Warsaw

24/10/2017(Warsaw)
17年ぶりのワルシャワ。といっても初訪問に近く、前回はワレリー・ゲルギエフが主宰するサンクトペテルブルク夏の国際音楽祭に出演した後、トランジットで1泊したのみ。ポーランドの歴史を改めて読み直してみると、中世から連綿と続く複雑な事情を孕んだ大国ポーランドの変貌と凋落は、アダム・ミッケヴィッチやフレデリック・ショパンのロマン主義と決して無関係ではないということが分かります。今回も滞欧中は過密なスケジュールながら、ワルシャワでの見聞を満喫したいです。

 
 
.24 2017 海外漫遊 comment(-) trackback(-)

Dubai (UAE) Now

24/10/2017(Dubai)
シェヘラザードの語りに誘われるかのように、いくつもの夢を見ながらドバイ到着。久しぶりに爆睡。

.24 2017 海外漫遊 comment(-) trackback(-)

Wine Club BeNiKo (Chez AKAMATSU)

22/10/2017(神戸)
風雨の強まる前に仕事先から帰宅して、嵐の夜はワインクラブ紅子がオープン。神戸在住の世界一周組が各地で仕入れた最高級食材を持ち寄り、夢のような香りと話題が食卓に広がりました。メインとなった三田牛のシャトーブリアンは女王のような威厳と優雅さを兼ね備えており、ベルベットの風合いを持ったワインとのマリアージュにうっとり。感謝。

 
 
 
.22 2017 時々休息 comment(-) trackback(-)

Jury of Iwate Arts Festival

21/10/2017(盛岡)
今年も岩手芸術祭ピアノ部門の審査にお招きいただきました。今回の芸術祭は第70回を迎えたことから、芸術祭賞と審査員特別賞に加え、第70回岩手芸術祭記念賞が設けられ、上田菜緒さんが選出されました。台風の足音が近づく中、岩手県民会館中ホールのピアノはいつも以上に響きが届きにくく、演奏に苦労されている方々が多く見受けられましたが、鍵盤の底を信じて、5本の指の中で作り得る音色の限りを尽くせば、ピアノは必ず応えてくれるものです。運営は一般社団法人岩手県ピアノ音楽協会(会長:滝沢昭子先生)、審査員は林苑子、佐々木素、赤松林太郎の各氏。

.21 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Workshop in Kofu

20/10/2017(甲府)
日本でもワインの新酒が出来上がる季節になりました。例年この時期になるとピティナ甲府支部にお招きいただくのですが、講座を終えると同時にとんぼ返りしなければならないことを恨めしく思います。

 
.20 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)

trois bonheur moelleux

18/10/2017(神戸)
在宅勤務を終えたところで山を降り、いつものワインバーで至福のひと時。エマさんに勧められるままにカリフォルニア応援モードに突入して、フランスのシャンパーニュに始まった旅は、カリフォルニアやオレゴンを経て、南アフリカ、ニュージーランド、オーストリアを回り、ブルゴーニュのモレ・サン・ドニ村に至りました。なんと世界一周。ワインの香りがその土地の風景を浮かび上がらせて、熟成されたチーズがそれぞれに彩りを与えてくれます。いつかこの店でクローズドパーティーをしたいなと思っています。

 
 
.18 2017 時々休息 comment(-) trackback(-)

Sri Lanka Restaurant KARAPINCHA in Kobe

18/10/2017(神戸)
われらがK料理長が足繁く通われている王子公園のカラピンチャ。いつもは指をくわえて投稿を眺めているだけでしたが、本日ようやく仲間入り。

 
.18 2017 時々休息 comment(-) trackback(-)

Workshop in Osaka

17/10/2017(大阪)
作曲家本人に会うことができれば、とりわけ大バッハと次男カール・フィリップ・エマニュエルに会えるなら、尋ねたいことは千夜に及ぶでしょう。今日からは大阪でもインヴェンション講座が始まりましたが、この講座シリーズのために用意した私家版資料は、まだまだ完成から程遠いものです。推量したことが確信に至るまでの道のりは長く、一つの「何故?」に回答を得るために途方もない時間と試行錯誤を経ています。自分が経験して初めて分かることですが、これまでの数多もの研究の成果はそれほど重いものなのですね。作曲家との距離を一歩でも縮められるならば、どのような障害も本望です。次回開催は11月27日(月)ですが、かなりのキャンセル待ちをいただいております。8日(水)にカワイ大阪で《バッハのいろは》ダイジェスト版が予定されており、ヤマハ堺店ではアンコール開催されますので、どうぞご活用下さいますようお願い申し上げます。

.17 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)

【レポート】赤松林太郎先生講座 「バッハのイロハ」|ピティナ国立支部

ピティナ国立支部で2回にわたり開催していただいた《バッハのいろは》の実施レポートです。
http://branch.piano.or.jp/oume/column/2017/10/17_012379.html
.17 2017 お知らせ comment(-) trackback(-)

Workshop in Kumamoto

16/10/2017(熊本)
何度もセミナーで伺っている熊本で、《バッハのいろは》は今さらの感がありますが、講座の最中に小さくうなづきながら黙々とメモに向かわれている皆様の姿に触れると、継続は力なのだと思い知らされます。最終回は11月2日(木)。ピティナ熊本きなっせステーション(代表:黒木和子先生)では来年度上半期も四期講座を全4回で開催いただきますので、引き続きご参加いただけましたら幸いです。
 
.16 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Piano Recital in Kagoshima

15/10/2017(鹿児島)
南日本新聞会館みなみホールでリサイタルを開催していただきました。まだパリ留学中の2004年、鹿児島讀賣テレビ(KYT)開局10周年に呼んでいただいて以来の鹿児島公演となります。その時に知り合ったお一人が池川礼子先生でしたが、私がピティナの正会員になったのは2011年ですから、再会はそれから10年近く先の話。衝撃的な再会もあり、何度も講座などで鹿児島に呼んでいただくようになりましたが、今日はこのような立派な会を作っていただき感慨無量です。そして足元が悪い中にも関わらず、満席に近いお客様に恵まれ、《インヴェンションへのオマージュ》の発売初日を迎えることができました。主催して下さった池川先生はじめメンバーの皆様に、心からの御礼を申し上げます。

 
 
 
.15 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)

≪RINTARO AKAMATSU - Hommage à Invention≫ tomorrow on sale!

14/10/2017(鹿児島)
《インヴェンションへのオマージュ》はキングインタナショナルからのリリース第4弾になります。一般発売は月末予定でしたが、明日の鹿児島でのリサイタルに合わせて、超特急でプレスしていただきました。今回は192kHz/24bitデジタルレコーディング(いわゆるハイレゾナンス)なので、ダイナミックアレンジや音響の広がりが傑出しているはずです。納品された最初のダンボールの封を開く瞬間は、期待や不安が激しく交錯して、まったく生きた心地がしません。いつまでも慣れないものですが、明日が発売日となり、終演後はサイン会を用意していただきます。なおリサイタルは19時開演に変更となっておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
http://www.kinginternational.co.jp/classics/kkc-048/

.14 2017 お知らせ comment(-) trackback(-)

【レポート】赤松林太郎徹底講座シリーズ・インヴェンション編1回目|ピティナ広島中央支部

ピティナ広島中央支部(支部長:沢田菊江先生)で主催していただいたインヴェンション講座第1回の実施レポートです。次回は12月19日(火)開催予定で、引き続き第6~10番の徹底講座になりますので、どうぞご来場下さい。
http://branch.piano.or.jp/hiroshima-chuo/column/2017/10/13_012382.html
.13 2017 お知らせ comment(-) trackback(-)

Workshop in Kunitachi, Tokyo

12/10/2017(国立)
国立音楽大学AIスタジオでも《バッハのいろは》の2回シリーズで終了しました。今年度から始まったこの指導法講座は全国16都市36回の開催が決まっており、ちょうど半数が終わりました。今後はインヴェンションとシンフォニア全曲講座へと順次移行しますので、もうしばらくバッハ世界の住人です。チラシにも使われているバッハの肖像画はエリアス・ゴットローブ・ハウスマン(1695-1774)が1748年に描いたものですが、最も信頼性のある肖像画として数々の伝記にも登場するこのバッハ像は、楽譜を持つ手が浮腫んでおり、視力を失っていたことからも、晩年にかけて糖尿病が相当進行していたことが考えられます。バッハをもてなす晩餐会のメニューはいずれも豪勢で、ワインも大好物だったようですから、この肖像画を見るたびにいろいろな反省を促されます。

.12 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)
 HOME 

[ SEARCH ]


[ TWITTER ]

[ AMAZON.CO.JP ]


第2回ダヌビア・タレンツ国際音楽コンクール(ハンガリー・ヴァーツ)のレポートを執筆しました。
 

2017年の新譜CD《インヴェンションへのオマージュ》(キングインターナショナル)です。
 

インタビューを全面記事で掲載していただきました。
 

〈今月の1曲〉シューマン『飛翔』の練習課題を執筆しました。
 

特集「コンクール奮闘記」にて執筆しました。また、インタビュー記事や多摩で開催された「CASIO Music Baton」のレポートも掲載されています。
 

特集「“聴く”ってなあに?」にて執筆しました。また、台湾で開催された「CELIVIANO Grand Hybrid」のレポート記事も掲載されています。
 

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2017の出演について、また京都で開催された「CASIO Music Baton」のレポートも掲載されています。
 

特集「今どき!電子ピアノ事情」にて執筆しました。
 

特集「はじめての先生に教えたい!コンクール活用術」にて、ピアニストのプログラム構成法について執筆しました。
 

「ピアニストが語る2017年春夏のスケジュール」にて執筆しました。
 

新譜CD《そして鐘は鳴る》について、インタビューを全面記事で掲載していただきました。
 

特集「フィギュアスケートを彩るクラシック」にて執筆しました。また、ベストドレッサー賞の授賞式における演奏についてレポート取材が掲載されています。
 

金沢での「CASIO Music Baton」についてレポート取材が掲載されています。
 

2016年の新譜CD《そして鐘は鳴る》(キングインターナショナル)です。
 

初執筆のエッセイ本《赤松林太郎 虹のように》(道和書院)です。
 

表紙&巻頭インタビューが6頁にわたり掲載されています。
 

導入期のペダリングについて執筆しました。
 

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2016の出演についてレポート取材が掲載されています。
 

特集「私のピアノ黎明期」にて、幼少時代(写真付)のことを執筆しました。
 

飯田有抄さんにモデルレッスン生を務めていただき、対談形式でレッスンの様子が6頁にわたり掲載されています。
 

誌上講座にてシューマン作品の指導法「ポエジーこそがシューマンの魅力であり演奏の難しさでもある」を執筆しました。
 

2014年の新譜CD《ピアソラの天使》(キングインターナショナル)です。
 

「きものMyStyle」拡大版で掲載されています。


2014年の新譜CD《ふたりのドメニコ》(キングインターナショナル)です。
 

「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第4回が掲載されています。エッセイと共に、冬のコレクションをお楽しみ下さい。


「レッスン密着レポ」で5頁特集されています。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第3回が掲載されています。エッセイと共に、秋のコレクションをお楽しみ下さい。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第2回が掲載されています。エッセイと共に、夏のコレクションをお楽しみ下さい。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」という連載ページが始まりました。エッセイと併せて、私のきものコレクションそお楽しみ下さい。


男のきもの特集で「おしゃれ達人の『男』の着こなし」として1頁取り上げていただきました。


2010年の新譜CD《My dear Hungary!!》です。


等伯没後400年の2010年、彼の代表作『松林図屏風』に寄せたエッセイが「別冊太陽」(平凡社)で掲載されました。


別冊付録「プチ・モス」の表紙になりました。


メジャーデビュー公演前に、インタビューを全面記事で掲載していただきました。