FC2ブログ

Recital at Hamarikyu Asahi Hall, Tokyo

6/9/2018(東京)
ソロでは初めての浜離宮朝日ホールですが、カーネギーホールと並ぶ世界で最も響きの美しいホールの一つでリサイタルを開催できたことは、私の音楽人生でとても幸せな瞬間でした。10月に東京文化会館でもリサイタルがあるため、私のような小器のピアニストには大変なことも多かったのですが、《バッハ×ピアソラ》をなんとか成し遂げられて、最後はステージから降りるのが寂しく感じられたほどです。もっと上手くなりたいと思い、試行に試行を重ねて、意識を介さなくても指が自律できるまで弾き込み、千万の解釈に挑んでいるつもりなのですが、ステージでは奇跡的にうまくいったり、満足できるものではなかったりの連続。これが永遠に続くのかと気が遠くなるばかりですが、ステージに立たない人生も考えられず、毎回自らに無理難題を課してはドンキホーテのようにふるまっています。台風や地震が次々に襲いかかり、ピアノを弾いている場合ではないのかもしれませんが、続けられるまでは続けさせていただきたいと思っています。主催してくださった一般社団法人全日本ピアノ指導者協会、コンサートのたびに足をお運びくださる皆様に心から御礼申し上げます。

 
 
 
.06 2018 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Piano course at SGCM

4-6/9/2018(川崎)
つまずいたり、ぶつかったり、迷ったり。そんな人生模様を今日のミッフィーちゃんから教わりました。帰国日から大学の下半期がスタートしており、これからリサイタル会場に向かいます。

.06 2018 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Romantic day in Copenhagen

1/9/2018(Copenhagen)
イギリスでポンド、スイスでフラン、デンマークでクローネ。ユーロが誕生した2002年以前の旅行をしているような感覚ですが、最後の目的地はおとぎの国の首都コペンハーゲン。デンマーク語で正しくはKøbenhavnなので、クヴンハヴンと発音するようにします。アンデルセンを生んだデンマークの世界幸福度は今年度もトップ3に入っており、明るくてユーモアに溢れ、遊び心と活気に満ちた街中を一日中歩きながら、この街で紡がれている多くの物語に想いを馳せました。

.01 2018 海外漫遊 comment(-) trackback(-)

Danish traditional food "Smørrebrød"

1/9/2018(Copenhagen)
メルヒェンの街・コペンハーゲン。伝統料理スモーブローで名高い老舗「スロッツケラン・ホス・ギッテ・キック」で、オールボー・タッフェル・アクアビットを楽しんでいます。つまりデンマーク産ジャガイモ焼酎!
http://slotskaelderen.dk

 
.01 2018 海外漫遊 comment(-) trackback(-)
 HOME 

[ SEARCH ]


[ TWITTER ]

[ AMAZON.CO.JP ]


第2回ダヌビア・タレンツ国際音楽コンクール(ハンガリー・ヴァーツ)のレポートを執筆しました。
 

2017年の新譜CD《インヴェンションへのオマージュ》(キングインターナショナル)です。
 

インタビューを全面記事で掲載していただきました。
 

〈今月の1曲〉シューマン『飛翔』の練習課題を執筆しました。
 

特集「コンクール奮闘記」にて執筆しました。また、インタビュー記事や多摩で開催された「CASIO Music Baton」のレポートも掲載されています。
 

特集「“聴く”ってなあに?」にて執筆しました。また、台湾で開催された「CELIVIANO Grand Hybrid」のレポート記事も掲載されています。
 

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2017の出演について、また京都で開催された「CASIO Music Baton」のレポートも掲載されています。
 

特集「今どき!電子ピアノ事情」にて執筆しました。
 

特集「はじめての先生に教えたい!コンクール活用術」にて、ピアニストのプログラム構成法について執筆しました。
 

「ピアニストが語る2017年春夏のスケジュール」にて執筆しました。
 

新譜CD《そして鐘は鳴る》について、インタビューを全面記事で掲載していただきました。
 

特集「フィギュアスケートを彩るクラシック」にて執筆しました。また、ベストドレッサー賞の授賞式における演奏についてレポート取材が掲載されています。
 

金沢での「CASIO Music Baton」についてレポート取材が掲載されています。
 

2016年の新譜CD《そして鐘は鳴る》(キングインターナショナル)です。
 

初執筆のエッセイ本《赤松林太郎 虹のように》(道和書院)です。
 

表紙&巻頭インタビューが6頁にわたり掲載されています。
 

導入期のペダリングについて執筆しました。
 

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2016の出演についてレポート取材が掲載されています。
 

特集「私のピアノ黎明期」にて、幼少時代(写真付)のことを執筆しました。
 

飯田有抄さんにモデルレッスン生を務めていただき、対談形式でレッスンの様子が6頁にわたり掲載されています。
 

誌上講座にてシューマン作品の指導法「ポエジーこそがシューマンの魅力であり演奏の難しさでもある」を執筆しました。
 

2014年の新譜CD《ピアソラの天使》(キングインターナショナル)です。
 

「きものMyStyle」拡大版で掲載されています。


2014年の新譜CD《ふたりのドメニコ》(キングインターナショナル)です。
 

「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第4回が掲載されています。エッセイと共に、冬のコレクションをお楽しみ下さい。


「レッスン密着レポ」で5頁特集されています。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第3回が掲載されています。エッセイと共に、秋のコレクションをお楽しみ下さい。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第2回が掲載されています。エッセイと共に、夏のコレクションをお楽しみ下さい。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」という連載ページが始まりました。エッセイと併せて、私のきものコレクションそお楽しみ下さい。


男のきもの特集で「おしゃれ達人の『男』の着こなし」として1頁取り上げていただきました。


2010年の新譜CD《My dear Hungary!!》です。


等伯没後400年の2010年、彼の代表作『松林図屏風』に寄せたエッセイが「別冊太陽」(平凡社)で掲載されました。


別冊付録「プチ・モス」の表紙になりました。


メジャーデビュー公演前に、インタビューを全面記事で掲載していただきました。