FC2ブログ

赤松林太郎 旅と音楽

Archive

2019年07月 1/1

動画で旅する音世界 | YouTube撰 (3)

No image

ネルソン・フレイレは真に神に愛された才能。心から羨ましい。はたして私は38歳の時にこれほど美しい世界が描けただろうか。自然の摂理に逆らわず、自然の持つ美しい曲線に身を委ねている。初めてデュッセルドルフで彼の横に座った時に抱いた柔らかい空気感が、そのまま演奏となっている。オックスフォード大学の公開講座で、内田光子がまずピアノ協奏曲のオーケストラパートを鮮やかに弾いてみせる。ソロパートより明らかに高度だ...

  •  -
  •  -

Summer Masterclass at Wako Music Academy in Saitama

2019年7月14日~15日(さいたま)...

  •  -
  •  -

Workshop in Kita-kyushu, Fukuoka (Repertory of Romantic period)

2019年7月12日(北九州)...

  •  -
  •  -

Workshop in Miyazaki (Bach: Invention vol.2)

2019年7月11日(宮崎)...

  •  -
  •  -

Workshop in Yokohama (Chopin: Etudes vol.2)

2019年7月9日(横浜)...

  •  -
  •  -

Gala Concert for 30th Anniversary of Sanda City Fresh Concert

2019年7月7日(三田) 今日は三田市総合文化センター 郷の音ホールにて、〈シティ・フレッシュコンサート30周年記念 SUMMER CONCERT〉に出演させていただきました。午前中に大阪音楽大学のオープンキャンパスで公開レッスンを担当したため、開演直前の会場入りとなってしまいましたが、地元で演奏を聴いていただける機会は格別にうれしいものです。 ガラ・コンサートは管楽器や弦楽器のアンサンブルも加わり、多彩なプログラムで...

  •  -
  •  -

動画で旅する音世界 | YouTube撰 (2)

No image

音楽は演奏者の情念が技巧に勝った時に感動を生む。「ピアニストではなく音楽家になりなさい」とは亡き師の格言だった。このチョン・キョンファの演奏は、解釈や技術という範疇のものを吹き飛ばし、情念のみが宿っている点でまことの狂気。凄いものを見たという一言に尽きる。キリル・ペトレンコ×BPO(ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)の蜜月時代の到来を確信した《法悦の詩》。スクリャービンが常に太陽に向かっていたことを...

  •  -
  •  -