FC2ブログ

赤松林太郎 旅と音楽

Archive

2019年07月 1/1

動画で旅する音世界 | YouTube撰 (5)

No image

名匠ユライ・ヘルツが《モーツァルト》(1991)を撮っていたとは! 3部構成になっており、第1部では父でもある名教師レオポルトの手ほどきとヴォルフガングの天才の開花が生み出す物語が写実的に描かれている。少ない台詞で淡々と進む分だけ、神童の天衣無縫が際立っていく。ボビー・マクファーリンの魅力が眩しい。彼にはマンハッタン生まれだからこその都会的な洗練がある。ヨーヨー・マとの《ハッシュ・リトル・ベイビー》(1992...

  •  -
  •  -

Piano Course at SGCM

2019年7月27日(川崎) 台風6号は首都圏直撃を避けましたが、水蒸気を限界まで含んだ暑さは半端なく、どれだけ部屋を冷やしてもピアノの音は曇ったまま。ヨーロッパの学生に比べて、日本の子どもたちが一音ずつ鍵盤の底まで押しつけるように打鍵してしまうのは無理からぬこと。ヨーロッパで音を磨いたことがある学生であれば、レッスンの中で指先の感覚の記憶を呼び起こしてあげられますが、そうでない子への指導はこの時期過酷...

  •  -
  •  -

Masterclass for Fukuoka International Piano Masterclass

2019年7月26日(福岡) 師が亡くなって7年が経ちました。ピアノに向かう私の後ろに座り、逆さに持った太い鉛筆で机を叩きながら大声で拍子を取られたことを、昨日の出来事のように思い出します。どの瞬間を切り取っても、真っ赤な髪の毛に相応しい情熱の持ち主でした。フランス・クリダ先生は「マダム・リスト」の愛称で世界中で親しまれていましたが、フランツ・リスト(1811-1886)自身も伝説的なピアニストだっただけでなく、優...

  •  -
  •  -

Summer Masterclass for Hyogo-Sanda Piano Academy 2019

2019年7月23日~25日(三田) 7年目を迎えた兵庫三田ピアノアカデミー(主管:平瀬楽器)。今年も北海道から沖縄までメンバーが兵庫県三田市に集い、3日間の夏期講習を開講しました。 初日はまずホールで弾き合い会をして、舞台上と観客席を往復しながら聴いてもらいました。自分の演奏を観客席で聴くことがないのはもちろん、自分以外の演奏を舞台上で聴くことも少ないので、他人の演奏を聴くことで、その様子からタッチ感を...

  •  -
  •  -

動画で旅する音世界 | YouTube撰 (4)

No image

ジェームズ・レヴァインはピアニストとしても一流で、モーツァルトやベートーヴェンの五重奏曲(管楽とピアノのための)を一聴するだけで明白。しかしこのようなイタリア歌曲をオーケストラ張りの効果で弾けるピアニストこそ真の指揮者で、パヴァロッティが水を得た魚のよう。ジョン・アダムスの魅力を教えてくれた演奏、いや〈アタッカ四重奏団〉を注目するきっかけになった動画。今、若手の弦楽四重奏団が世界的に面白い!ピティ...

  •  -
  •  -

Masterclass & Workshop in Takamatsu (Bach: Sinfonia vol.2)

2019年7月18日~19日(高松)...

  •  -
  •  -

Workshop in Dazaifu, Fukuoka (Bach: WTC vol.13)

2019年7月18日(大宰府)...

  •  -
  •  -

Masterclass & Workshop in Kumamoto (Repertory of Classical and Romantic period)

2019年7月16日~17日(熊本)...

  •  -
  •  -

動画で旅する音世界 | YouTube撰 (3)

No image

ネルソン・フレイレは真に神に愛された才能。心から羨ましい。はたして私は38歳の時にこれほど美しい世界が描けただろうか。自然の摂理に逆らわず、自然の持つ美しい曲線に身を委ねている。初めてデュッセルドルフで彼の横に座った時に抱いた柔らかい空気感が、そのまま演奏となっている。オックスフォード大学の公開講座で、内田光子がまずピアノ協奏曲のオーケストラパートを鮮やかに弾いてみせる。ソロパートより明らかに高度だ...

  •  -
  •  -

Summer Masterclass at Wako Music Academy in Saitama

2019年7月14日~15日(さいたま) さいたま(主管:和幸音楽院)でもマスタークラスが設立され、4月からクラス生のレッスンが始まっています。入会ご希望の方が多く、9月からの下半期はジュニア科・受験科ともに定員を増やす運びとなりました。ジュニア科に限って聴講可能ですので、案内(http://wako-gakki.co.jp/archives/2682)をどうぞご覧ください。 この2日間はクラス生に限定しない公開レッスンを開催いただき、ピティ...

  •  -
  •  -

Workshop in Kita-kyushu, Fukuoka (Repertory of Romantic period)

2019年7月12日(北九州)...

  •  -
  •  -

Workshop in Miyazaki (Bach: Invention vol.2)

2019年7月11日(宮崎)...

  •  -
  •  -

Workshop in Yokohama (Chopin: Etudes vol.2)

2019年7月9日(横浜)...

  •  -
  •  -

Gala Concert for 30th Anniversary of Sanda City Fresh Concert

2019年7月7日(三田) 今日は三田市総合文化センター 郷の音ホールにて、〈シティ・フレッシュコンサート30周年記念 SUMMER CONCERT〉に出演させていただきました。午前中に大阪音楽大学のオープンキャンパスで公開レッスンを担当したため、開演直前の会場入りとなってしまいましたが、地元で演奏を聴いていただける機会は格別にうれしいものです。 ガラ・コンサートは管楽器や弦楽器のアンサンブルも加わり、多彩なプログラムで...

  •  -
  •  -

動画で旅する音世界 | YouTube撰 (2)

No image

音楽は演奏者の情念が技巧に勝った時に感動を生む。「ピアニストではなく音楽家になりなさい」とは亡き師の格言だった。このチョン・キョンファの演奏は、解釈や技術という範疇のものを吹き飛ばし、情念のみが宿っている点でまことの狂気。凄いものを見たという一言に尽きる。キリル・ペトレンコ×BPO(ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)の蜜月時代の到来を確信した《法悦の詩》。スクリャービンが常に太陽に向かっていたことを...

  •  -
  •  -

Workshop in Musashino, Tokyo (Bach: Sinfonia vol.2)

2019年7月5日(武蔵野)...

  •  -
  •  -

Masterclass for the winners of “Monegrarte International Piano Competition” in Castejón de Monegros, Spain

2019年6月29日~7月2日(Castejón de Monegros, Spain)...

  •  -
  •  -