FC2ブログ

赤松林太郎 旅と音楽

Archive

2019年08月 1/1

4 Days in search of the Mozart family

No image

2019年8月31日(St. Gilgen, Österreich) ウィーン、ザルツブルク、そしてモーツァルトの母アンナ・マリアの生地ザングト・ギルゲンまで足を伸ばし、モーツァルト家のルーツを辿りました。チロルの高い峰々が一望できる湖畔の、大自然に抱かれた美しい村です。ヴォルフガングの妹マリア・アンナ(ナンネル)が嫁ぎ、ピアノ教師を務めた地でもあり、Mozartdorfとでも言うべきかもしれません。兄の影に存在が隠れがちのナンネルも...

  •  -
  •  -

at Mozarthaus Vienna

2019年8月28日(Wien, Österreich) 帝都を守護する城壁を潜り抜けると、華やかなファッションと革新の機運が漲った高揚感で溢れていたことでしょう。18世紀末、ウィーンの城壁内には約5万人が住んでいたと言われています。ザルツブルクの雪解けを待ち、ウィーンにやってきたモーツァルトのはしゃぎようが目に浮かびます。 最近まで「フィガロハウス」と呼ばれていたDomgasseの建物(今日の Mozarthaus)は唯一現存するモーツァ...

  •  -
  •  -

Twilight in Heiligenstadt

2019年8月27日(Wien, Österreich) いつものように思い立ってハイリゲンシュタットに向かい、青い実をつけて美しい行列を見せる葡萄畑をかいくぐり、少しずつ茜色を帯びてくる夕暮れ時を歩きました。夏も終わりに差しかかる頃、名残のように照りつける太陽から緑の天蓋が私たちを柔らかく覆ってくれるBeethovengasse。時間と人が静かに往来する小径。 遺書の家からわずかなところに立つ聖ミヒャエル教会は、空が最も美しく見え...

  •  -
  •  -

Thank you very much for all your birthday messages!

2019年8月27日(Hounslow, UK) 深夜のロンドン。泡立てすぎたバスタブの中で溺れるように誕生日を迎えました。久しぶりのBAでは映画三昧・涙三昧でしたが、これでは私自身が間抜けな映画の1シーンのような。時差ボケが解消したのかわからないうちに次の渡航が来るので、私自身が全体的にボケてきているようにも感じられますが、いろいろな面で40代が本格的に始まった実感と向き合っています。 自分でも驚いているのが食志向の...

  •  -
  •  -

Jury: The final stage of Galaxcity Music Competition in Tokyo

2019年8月25日(東京) 足立区は町おこしのために音楽事業に力を入れており、ギャラクシティ音楽コンクールもその一環だと伺いました。今日は第2回を迎えたコンクールの本選会で、國谷尊之(東邦音楽大学教授)、海瀬京子(東京音楽大学非常勤講師、常葉大学非常勤講師)、金井玲子(浦和大学教授)、白石光隆(東京芸術大学非常勤講師)の各氏とご一緒させていただきました。超個性派が集結した審査員控室は抱腹絶倒の空間で、...

  •  -
  •  -

Award Ceremony & Party of the 43rd PTNA Piano Competition

2019年8月23日(東京) 第43回ピティナ・ピアノコンペティションの全日程が終了し、今日はホテルニューオータニ東京における表彰式&パーティーに出席しました。お世話になっている全国各地の関係者やご家族の皆様にもお目にかかれ、ご挨拶いただきましてまことにありがとうございます。 今年度は主に第2指導者として定期的に指導している19組が全国決勝大会に進み、12組(A1級銅賞、C級金賞、D級金賞、D級ベスト賞、E級ベスト...

  •  -
  •  -

【お知らせ】ピティナ・ピアノコンペティション グランミューズ部門全国決勝大会の受賞

No image

 ピティナ・ピアノコンペティションのグランミューズ部門全国決勝大会において、Yカテゴリー第3位(大阪音楽大学ピアノ専攻 ピアノ演奏家特別コース2年生)とA2カテゴリー第1位(社会人)の知らせをいただきました。心から祝福をお贈りいたします。彼女たちの絶えまぬ努力に応えられるよう、私自身も学びを深め、指導にさらなる磨きをかけていきたいと存じます。連日の暑さの中コンクールを運営されている皆様に深謝申し上げま...

  •  -
  •  -

One night with an old friend

2019年8月18日(富山) 海に近い田んぼの中にぽつんと立つ、まったく有名ではないひなびた温泉旅館で、旧友とマニアックなウィスキーを傾け、食品添加物まみれのスナックを食べながら、ひたすらオーケストラ談義。腹を抱えて笑い、吠えまくる年2回の心のオアシス。気がつけば人生の半分くらいをこうやって過ごしています。 帰りは彼の畑で無農薬の野菜をいくつか収穫させてもらい、東京への新幹線に乗りました。...

  •  -
  •  -

Hospital Concert in Oyabe, Toyama

2019年8月18日(小矢部) 使用ピアノはYAMAHA G1。寄贈されて以来19年を共にしてきましたが、老いた小さなピアノが時折聞かせる切実な響きを逃さないよう、心を鎮めて演奏しました。語り尽くせない私たちの十余年を、このピアノはたしかに記憶しています。36回目ともなるとそれだけで無条件に感慨深いもの。縁もゆかりもなかった北陸で、松岡病院の松岡院長ご夫妻が広げてくださったご縁は、そのまま回数となって積み重なっていま...

  •  -
  •  -

Short break in Kobe

No image

2019年8月11日(神戸) 残暑の候 本格的な暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。今年は山に登らず、数日間神戸の自宅にこもり、のんびり過ごします。 近年は海外への渡航が増え、演奏や執筆、大学の勤務、年間100回以上のセミナーだけで手一杯ではありますが、時間が許すかぎり後進に音楽を伝えたいと思い、主に第2指導者として定期的に指導にあたっております。このたびはピティナ・ピアノコンペティションに参...

  •  -
  •  -

Rintaro Akamatsu Lecture Concert Series vol.4 in Nakatsu, Oita

 2年前から始まった大分県中津市でのレクチャーコンサートシリーズも、早いもので第4回となりました。偶数回は室内楽なので、今回は元九州交響楽団首席クラリネット奏者のタラス・デムチシン氏を迎えて、ブラームスのクラリネットソナタ2曲を中心に演奏しました。ブラームスは新しい交響曲を構想する時に室内楽を書く習慣がありましたが、この2つのクラリネットソナタでもピアノとクラリネットのかけ合いの中に小さな交響曲を...

  •  -
  •  -

KIWANIS Club of Sapporo Benefit Concert 2019

2019年8月6日(札幌)...

  •  -
  •  -

CASIO Music Baton in Kitakami, Iwate

2019年8月5日(北上) 今日は北上市文化交流センター さくらホールで、CELVIANO Grand Hybrid を用いたトークコンサートに出演しました。Music Batonの担当は15回目になります。CASIOのアンバサダーとして、というよりも、何人も音楽を平等に楽しむことができるために活動したいという想いで、電子ピアノの普及にも取り組んでいます。 グランドピアノと電子ピアノは全くの別物であり、電子ピアノはグランドピアノの代替品ではあ...

  •  -
  •  -

Wine Club BeNiKo (Okamoto & Chez AKAMATSU)

2019年8月1日~2日(神戸) 〈腐れ縁の会〉×〈ワインクラブ紅子〉。初日2日は久しぶりに友(ほぼ仕事関係者)と過ごし、心ゆくまで堪能しました。いつも脱帽するしかない三田牛〈廻〉をお譲りくださるH氏には、生命を預かることの重みを教えていただいており、ありがたく頂戴しました。希少部位(マルシン)は女王のような威厳と優雅さを兼ね備えており、戻るべき五感の原点を再確認した思いです。肉の相を見て、語らい、静かに...

  •  -
  •  -

Best wishes for the summer season!

2019年8月1日(神戸) 自宅スタジオで商業用収録ができる環境が整い、数年越しの悲願がようやく叶いました。あとはアイデアを形にしていくのみです。今日は久しぶりに一日中ピアノに向かっており、身体が本来の自分のスタイルに戻り、楽になりました。大きなプロジェクトを支えてくださっているチームの皆に感謝。...

  •  -
  •  -