FC2ブログ

New Album [TAILORED] Release Party at Park Hyatt Tokyo

17/8/2018(東京)
このたびmono creationレーベルから《TAILORED》をリリースして、発売記念パーティーをパークハイアット東京の39階ボールルームで開催していただきました。カシオ計算機株式会社のアンバサダーを務めて以来、日本各地をはじめ台湾やヨーロッパ諸国でも活動を展開してきましたが、今宵はこれまでの集大成となりました。CELVIANO Grand Hybridと共に、新しい世紀に相応しい音楽シーンの創出のために取り組んでいますが、今回のアルバムのiTune先行配信ではクラシックジャンル第2位にランクインして、驚きを伴った船出となりました。日ごろより私の活動に多大なご支援をいただいている方々をお招きして、制作意図を広く知っていただき、華やかなひとときをお過ごしいただきました。
アルバムのリリース記念パーティーには、元 日本テレビのアナウンサー小倉淳様に司会進行をいただき、政財界からも多くのご臨席を賜りました。ご来賓を代表して、カシオ計算機株式会社の中村寛副社長よりご祝辞を賜り、ハンガリー大使館一等書記官 文化・教育担当官ナジ・アニタ様からはハンガリーにおける私のこれまでの活動実績をご紹介いただきました。また鳩山二郎衆議院議員の事務所より秘書の武本成将様がお越しくださり、壇上でご挨拶を頂戴しました。乾杯のご発声は株式会社プロントコーポレーションの竹村典彦社長にお願いしたところ、私との邂逅に始まり、心温まるユーモアとウィットに富んだすばらしいスピーチをいただき、もったいないほどのご縁を結んでくださった多くの方々への感謝で胸がいっぱいになりました。会場にいらしてくださった皆様に、心より御礼申し上げます。
《TAILORED》ではヴァイオリンの木野雅之氏、チェロのドミトリー・フェイギン氏、そして先日多くのメディアでも取り上げられたアンドロイドオペラを開催した作曲家の渋谷慶一郎氏という豪華な客演陣に参加していただきました。本作で収録した『Ballad』はドラマ・映画で大ヒットとなった『SPEC』の挿入音楽で、改めて渋谷氏に書き下ろしていただいたものです。今回のリリースパーティーでは橋森ゆう希さんにゲスト出演していただき、ヴァイオリンとCELVIANO Grand Hybridの共演をお聴きいただきました。橋森さんとは20年来の旧知の仲で、ケルン音楽大学最年少特待生としてザハール・ブロン門下にいた頃から、すでに衝撃的なテクニックとオーラを兼ね備えていました。南米コロンビアのコンサートツアー以来、8年ぶりに日本で再会して、今年のラ・フォル・ジュルネTOKYOで再びデュオを組むようになりました。来年2月にはさいたまでリサイタルが予定されており、私たちの今後の活動を応援していただけましたら幸いです。
本日リリースのニューアルバム《TAILORED》は、オンラインショップでもお求めいただけます。ライブの後は発売を記念したフォトセッションとサイン会をホワイエにて行いました。mono creationレーベルを支えるカシオ計算機株式会社にこのような盛大なリリース記念パーティーを開催していただき、各界から多くのご来賓をお招きすふことができたことを、心から御礼申し上げますと共に、下半期からの活動につきましてもご厚情を賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。なお今回のパーティーの様子は、各誌にて後日掲載予定です。
http://tower.jp/item/4748958/Tailored

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事
.17 2018 日々音楽 comment(-) trackback(-)

[ SEARCH ]


[ TWITTER ]

[ AMAZON.CO.JP ]


第2回ダヌビア・タレンツ国際音楽コンクール(ハンガリー・ヴァーツ)のレポートを執筆しました。
 

2017年の新譜CD《インヴェンションへのオマージュ》(キングインターナショナル)です。
 

インタビューを全面記事で掲載していただきました。
 

〈今月の1曲〉シューマン『飛翔』の練習課題を執筆しました。
 

特集「コンクール奮闘記」にて執筆しました。また、インタビュー記事や多摩で開催された「CASIO Music Baton」のレポートも掲載されています。
 

特集「“聴く”ってなあに?」にて執筆しました。また、台湾で開催された「CELIVIANO Grand Hybrid」のレポート記事も掲載されています。
 

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2017の出演について、また京都で開催された「CASIO Music Baton」のレポートも掲載されています。
 

特集「今どき!電子ピアノ事情」にて執筆しました。
 

特集「はじめての先生に教えたい!コンクール活用術」にて、ピアニストのプログラム構成法について執筆しました。
 

「ピアニストが語る2017年春夏のスケジュール」にて執筆しました。
 

新譜CD《そして鐘は鳴る》について、インタビューを全面記事で掲載していただきました。
 

特集「フィギュアスケートを彩るクラシック」にて執筆しました。また、ベストドレッサー賞の授賞式における演奏についてレポート取材が掲載されています。
 

金沢での「CASIO Music Baton」についてレポート取材が掲載されています。
 

2016年の新譜CD《そして鐘は鳴る》(キングインターナショナル)です。
 

初執筆のエッセイ本《赤松林太郎 虹のように》(道和書院)です。
 

表紙&巻頭インタビューが6頁にわたり掲載されています。
 

導入期のペダリングについて執筆しました。
 

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2016の出演についてレポート取材が掲載されています。
 

特集「私のピアノ黎明期」にて、幼少時代(写真付)のことを執筆しました。
 

飯田有抄さんにモデルレッスン生を務めていただき、対談形式でレッスンの様子が6頁にわたり掲載されています。
 

誌上講座にてシューマン作品の指導法「ポエジーこそがシューマンの魅力であり演奏の難しさでもある」を執筆しました。
 

2014年の新譜CD《ピアソラの天使》(キングインターナショナル)です。
 

「きものMyStyle」拡大版で掲載されています。


2014年の新譜CD《ふたりのドメニコ》(キングインターナショナル)です。
 

「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第4回が掲載されています。エッセイと共に、冬のコレクションをお楽しみ下さい。


「レッスン密着レポ」で5頁特集されています。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第3回が掲載されています。エッセイと共に、秋のコレクションをお楽しみ下さい。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第2回が掲載されています。エッセイと共に、夏のコレクションをお楽しみ下さい。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」という連載ページが始まりました。エッセイと併せて、私のきものコレクションそお楽しみ下さい。


男のきもの特集で「おしゃれ達人の『男』の着こなし」として1頁取り上げていただきました。


2010年の新譜CD《My dear Hungary!!》です。


等伯没後400年の2010年、彼の代表作『松林図屏風』に寄せたエッセイが「別冊太陽」(平凡社)で掲載されました。


別冊付録「プチ・モス」の表紙になりました。


メジャーデビュー公演前に、インタビューを全面記事で掲載していただきました。