FC2ブログ

Short break in Kobe

2019年8月11日(神戸)


 残暑の候 本格的な暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。今年は山に登らず、数日間神戸の自宅にこもり、のんびり過ごします。
 近年は海外への渡航が増え、演奏や執筆、大学の勤務、年間100回以上のセミナーだけで手一杯ではありますが、時間が許すかぎり後進に音楽を伝えたいと思い、主に第2指導者として定期的に指導にあたっております。このたびはピティナ・ピアノコンペティションに参加した門下生19組が全国決勝大会に進めることになり、また多くの方々が入賞されました。まことにおめでとうございます。
 努力が必ず報われる道ではありませんが、道に迷った時のために、シューマンがラローに語らせた言葉で「最初の発想は常に最も自然で最も良い。悟性はまちがえるが感情はあやまたない」(《音楽と音楽家〉)という箴言を記しておきます。
関連記事