FC2ブログ

4 Days in search of the Mozart family

2019年8月31日(St. Gilgen, Österreich)


 ウィーン、ザルツブルク、そしてモーツァルトの母アンナ・マリアの生地ザングト・ギルゲンまで足を伸ばし、モーツァルト家のルーツを辿りました。チロルの高い峰々が一望できる湖畔の、大自然に抱かれた美しい村です。ヴォルフガングの妹マリア・アンナ(ナンネル)が嫁ぎ、ピアノ教師を務めた地でもあり、Mozartdorfとでも言うべきかもしれません。兄の影に存在が隠れがちのナンネルも、7歳から父レオポルトの手ほどきを受けて、兄同様に神童の呼び声が高かったクラヴィーア奏者でした。亡くなった母の肖像画を背景に、父がヴァイオリンを持ち、兄弟で連弾をしている《モーツァルト一家の肖像》(ヨハン・ネボムク・デッラ・クローチェ作、1780年)が往時を偲ばせます。私自身4人兄弟の長男としてピアノを主にして育てられてきたので、3人の妹が私から離れるようにピアノ以外の楽器を選択していったことに、今さらながら複雑な想いです。
関連記事