FC2ブログ

Family Concert with Burgmüller in Kadoma, Osaka

2019年9月8日(門真)


MH_190908


 親子あるいは先生と生徒で楽譜を開きながら、誰もが知っているブルクミュラーを聴くコンサートがあってもいいのではないか。そう思ったきっかけは、昨年の公開録音コンサートでブルクミュラーの《25&18の練習曲》を全曲演奏した時でした。いつもはよほどご興味を持ってくださる方しか来場のないコンサートですが、その時ばかりは平日夜にも関わらず楽譜を持った子供たちが席を前列から陣取り、満席の会となりました。
 東音企画による新シリーズはこうして決まり、今日グランドオープンしたばかりの大東楽器ヤマハピアノストアで初回開催していただきました。曲にまつわるエピソードや私自身の音楽紀行を交えながら、ラジオの音楽番組のように一曲ずつ進めていきました。音で情景や感情を描くことによって、それがたとえ悲しかったり辛いものであったとしても、人生の景色はより豊かなものになると信じています。ただ上手に弾けるようになることを教えるのではなく、音楽の本来のはたらきを伝えていける仕事をしたいと思うのです。終演後は陳列されているピアノで子供たちがブルクミュラーの曲を誇らし気に弾いており、その光景に心が温まりました。

190908_1 190908_2
190908_3 190908_4

関連記事