FC2ブログ

Bach Concert for 1 hour at KAWAI Umeda

2019年9月20日(大阪)


MH_190525


 今年は大阪で大ホール公演が続いたにも関わらず、今宵も多くのご予約を賜り、無事に終演できたことを御礼申し上げます。〈バッハのいる1時間〉はすでに福岡で2公演を終えていますが、4か月も経つと作品への思い入れや感じ方は変わり、今日も演奏するのが楽しくて心が躍りました。今回はスタッフが1人だけの「完全なる自主公演」だったので、マイクの出し入れからビデオのON/OFFまで自分で行い、久しぶりにインディーズ時代を思い出しました。《フランス組曲》は前3曲がすべて短調なので、長調でできている後3曲は春先にでも演奏したいと思います。私にとってはピアソラの《ブエノスアイレスの四季》を辿るのと同じような感覚で、この6曲と向き合っています。
 私はバッハを弾く時に右足はほぼソステヌート・ペダルしか使わないので、アンコールではシフト・ペダルを用いる作品を演奏しましたー ①ヴィルヘルム・ケンプ編曲《チェンバロ協奏曲第5番》より「ラルゴ」、②アレクサンドル・ジロティ編曲《プレリュード ロ短調》、③《ゴルドベルク変奏曲》より「アリア」。来月の広島公演は追加公演とも満席御礼となっておりますが、年末に高松での開催も決まりましたので、改めて告知いたします。

190920_1 190920_2
190920_5
190920_3 190920_4

関連記事