FC2ブログ

Hope things will be fine soon.

2020年2月27日(Wien)


200227_1


朝の訪れが早いウィーンでは、鐘の音が目覚めの時を知らせてくれます。観光地からドナウ運河を渡り、アウガルテン近くにアパルトマンを借りました。最上階にある明るくモダンな部屋はパリの情緒とは異なり、陰った気持ちを解放してくれます。単身滞在には広すぎるので、仕事の後はスタッフたちが遊びに来てくれます。私を含めて仕事で世界中を回っている皆が globalization fatigue を実感しており、異業種で意見を交わしている毎日。


これまでの歴史が物語るように、新しい世紀を迎えて20年経った今が正念場なのでしょう。欺瞞や憎悪が渦巻いている今日だからこそ、たとえSNSのような空間でも、美しい言葉だけを残していくように努めることが最善だと思っています。私の場合は音楽家なので、(有名無名に関わらず)美を残すことためには、なぜ美しいのかという問いを積み重ねていくことでしか職責は果たせません。ビュフォン曰く、文体は人なり。

関連記事