FC2ブログ

プライベートレーベルの出航

2020年6月26日(金)


200626_1


 駆け出しのバンドマンと同じように、私も18年前にインディーズでCDを制作しました。大学時代からの同僚にレコーディングをお願いして、コンサートのリハーサル等で収録。見様見真似で覚えたAdobe IllustratorとPhotoshopを使い、フィジカル部分のデザインをしました。ポスターが貼り尽くされているパリの駅構内はデザインやキャッチフレーズの宝庫だったので、スケッチブックを離すことは片時もありませんでした。
 20代のうちにアルバムをいくつかリリースしました。私は一介のピアノ弾きにすぎないので、それらを改めて世に問うつもりは毛頭ありません。学生時代のうちに華々しくデビューしたアーティストとは真逆のキャリアでしたが、あえてピアノの道に戻ってきたわけなので、ヨーロッパでの修業時代は充実していました。縁あって6年前にキングインターナショナルからアルバムを出させてもらうようになり、いくつかの音楽大学で教職につき、楽器メーカーのアンバサダーを務めるようになったこともあり、大手マネジメントに所属していないフリーランスなりに活動できる居場所を見つけることができたのは幸いでした。


 とはいえ、体が覚えている20代の熱量が恋しくて、昨年から準備を進めていたのがプライベートレーベルの設立。レーベル名はもちろん18年前と同じで、エリック・サティの《パラード》に因んだもの。そして大学時代の同僚Tがメーン・エンジニア。試作品としてVol.0をプレスしたところで、フィジカル(つまり円盤)にこだわるべきか悩みましたが、答えは時代の方から先にやって来ました。「ウィズ コロナ」の到来です。昨年のうちにポップス系のデジタルディストリビューターと契約していたのが功を奏して、プライベートレーベルに関しても協業していただけることになりました。


 非常事態宣言によってコンサートは次々と中止され、フィジカルグッズが売れない状態になり、各人が「ステイ アット ホーム」で出来ることを模索し始めました。先が見えない時に一言も不満や愚痴をにじませることなく、知恵と技術を傾け、試行錯誤を続けていたアーティストを心から尊敬します。彼らは自分のことよりも社会全体を見ていたからです。これからの新しい時代は、彼らが主導していくことになるでしょう。
 この期間に多くのYouTuberが誕生しましたが、私が最後までこだわりたかったのは「音」と「プログラム」なので、ハイレゾナンスによるデジタル音楽配信を選択しました。プライベートレーベルであれば、こだわることで誰かに迷惑をかけることも少なく、「納得できるかどうか」という指標だけで進むことができます。失敗は付き物・・・いや私の場合は失敗だらけなのですが、失敗に対するリスクを自分自身で背負える環境だからこそ、失敗に勝る果実も得られていると思います。また20代の頃とは異なり、ヴィジョナリーな頭脳・技能集団が巧みにフォローアップしてくださるおかげで、最後までクオリティだけを追求できることも大きな原動力になっています。


 彼らが思い描いている展開の速さに私自身がまだついていけていないのですが、18年前に小さなハケで名前を書いた手作り船は、こうして無事に出航することができました。5月22日にリリースしたVol.1のアルバムは複数の音楽配信サービスでプレイリストに加えていただき、これまで地上では得られなかった数字に結びつきました(詳細はこちら)。
 まもなくVol.2がリリースされるので、今日からは自宅スタジオでVol.3のレコーディングを開始。朝から関係者が続々来宅して、“現場”になっています。せっかくのプライベートレーベルなので、世界で活躍されているすばらしい音楽家にも加わっていただけるシーンを次の目標に掲げます。応援いただけましたら幸いです。

関連記事