FC2ブログ

Los Papelotes

2020年2月10日(東京)


学生時代は本屋よりも図書館、図書館よりも古本屋で時間を過ごし、背表紙を一つずつ追いながら、点状の知識を結んでいったものです。そうして現れる景色に先人の巨大な智を感じ、一人で打ち震えることの連続でした。今日の後半は代々木上原で撮影の仕事でしたが、駅前で見つけた古本屋のことが気になって、心ここにあらずといった具合でした。そこはエスペラント語の看板を掲げて異彩を放つ空間。そして求めているものが何の抵抗もなく現れた時、最上の朋を得た喜びで満たされました。よい一日になりました。

関連記事