Gidon Kremer & Lucas Debargue at Suntory Hall

6/6/2016(東京)
政治的なものに脚色されていない芸術的価値として真っ向から提示する。ギドン・クレーメルの姿勢は、10年前にアムステルダムで聴いた時から何も変わっていません。彼がショスタコーヴィチをめぐる作曲家やバルト3国を中心としたポスト・モダニズムの音楽家を紹介することで、私たちはその政治的ニュアンスを超えた「時代そのもの」を聞いてきたと言えるでしょう。ロストロポーヴィチが亡くなった時、同じ建物に住んでいたメズー・ラースロー先生(バルトーク弦楽四重奏団チェロ奏者)が「大きな星が去った」と知らせに来たのを思い出します。ブーレーズやアーノンクールもこの世を去りました。アルゲリッチは75歳になり、クレーメルも来年で70歳を迎えます。時代に立ち向かうことで「時代そのもの」になった彼らの生き様は、まさに最後の巨星というのに相応しく、演奏の素晴らしさをはるかに凌駕する感動にとらわれるばかり。そして付け加えるべきはピアニストを務めたルカ・ドゥバルグの件で、彼は昨年のチャイコフスキー国際コンクール入賞で有名になった異色の経歴からは想像もできないくらい、伝統的な奏法に立脚した正統派の天才です。テクスチャの読み込みは熟練した指揮者のごとく、20代半ばにして往年の巨匠たちの解釈を我が血肉としているようです。ピアニストの系譜に眩しいばかりの新星が誕生しました。

関連記事
.06 2016 諸藝雑記 comment(-) trackback(-)

[ SEARCH ]


[ TWITTER ]

[ AMAZON.CO.JP ]


特別企画「フィギュアスケートを彩るクラシック」にて執筆しました。また、ベストドレッサー賞の授賞式における演奏についてレポート取材が掲載されています。
 

金沢でのMusic Batonについてレポート取材が掲載されています。
 

2016年の新譜CD《そして鐘は鳴る》(キングインターナショナル)です。
 

初執筆のエッセイ本《赤松林太郎 虹のように》(道和書院)です。
 

表紙&巻頭インタビューが6頁にわたり掲載されています。
 

導入期のペダリングについて執筆しました。
 

特別企画「私のピアノ黎明期」にて、幼少時代(写真付)のことを執筆しました。
 

飯田有抄さんにモデルレッスン生を務めていただき、対談形式でレッスンの様子が6頁にわたり掲載されています。
 

誌上講座にてシューマン作品の指導法「ポエジーこそがシューマンの魅力であり演奏の難しさでもある」を執筆しました。
 

2014年の新譜CD《ピアソラの天使》(キングインターナショナル)です。
 

「きものMyStyle」拡大版で掲載されています。


2014年の新譜CD《ふたりのドメニコ》(キングインターナショナル)です。
 

「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第4回が掲載されています。エッセイと共に、冬のコレクションをお楽しみ下さい。


「レッスン密着レポ」で5頁特集されています。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第3回が掲載されています。エッセイと共に、秋のコレクションをお楽しみ下さい。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第2回が掲載されています。エッセイと共に、夏のコレクションをお楽しみ下さい。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」という連載ページが始まりました。エッセイと併せて、私のきものコレクションそお楽しみ下さい。


男のきもの特集で「おしゃれ達人の『男』の着こなし」として1頁取り上げていただきました。


2010年の新譜CD《My dear Hungary!!》です。


等伯没後400年の2010年、彼の代表作『松林図屏風』に寄せたエッセイが「別冊太陽」(平凡社)で掲載されました。


別冊付録「プチ・モス」の表紙になりました。


メジャーデビュー公演前に、インタビューを全面記事で掲載していただきました。

[ MEMO ]

日刊スゴい人!
第402回(2011年7月15日配信/8月17日再配信)のスゴイ人!に取り上げていただきました。