Jeszcze Polska nie zginęła!

28/10/2017(Warsaw)
「ドンブロフスキのマズルカ」の名で知られているポーランド国歌ですが、1番の歌詞に「進め進めドンブロフスキ、イタリアの地からポーランドへ、汝の指揮下に、同胞と一つにならん」という件があります。なぜイタリアなのかという答えは、ワルシャワ市内の至る所で見つけることができます。高校の世界史で学んだとおり、ポーランドは3回にわたる国土分割(プロイセン・ロシア・オーストリアに譲渡)により、1世紀以上に及ぶ国家消滅の歴史を持ちます。ポーランドを併合した三国に対峙したのがナポレオン・ボナパルトが率いるフランスでした。ジャック=ルイ・ダヴィッドの描いた『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』が後世まで語り継いだフランス軍のイタリア侵攻ですが、そこで多くのポーランド軍隊がオーストリア軍からナポレオンのもとに投降しました。精鋭で知られていたポーランド軍団はフランス軍の部隊を任されることになり、ドンブロフスキの友人でもあったユゼフ・ヴィビツキ中尉が作詞したものが「イタリアのポーランド軍団の歌」として歌われるようになりました。ナポレオンの勢いは東に向けられ、プロイセンとの戦いで勝利したフランス軍はポズナンに入り、1807年の講和によってワルシャワ公国が誕生。ポーランド人にとっては久しぶりの主権回復となりました。しかし、ポーランドを足がかりにしたロシア遠征に失敗したナポレオンは、敗戦に次ぐ敗戦で帝位を失脚して、エルバ島に流されたことでフランスの帝政は中断。ナポレオンと運命を共にしたポーランドは、フランスと明暗を分かつ形で、再び国家消滅を道に至ります。各国に散らばったポーランド人は歴史に翻弄される形で、お互いが剣を交えなければならなかった苦悩の歴史を背負っています。そして再生の機運のたび、悲劇が襲いかかる物語の連続です。しかし、ささやかな期間だったワルシャワ公国で歌われ続けたのが「ドンブロフスキのマズルカ」だったという史実は、ポーランドの歴史を象徴的に物語っているように感じられます。歴史の試練に鍛えられた不屈の国民性です。今日のポーランドは、世界的な恐慌が相次いだにも関わらず、プラス成長を続けていますが、このことにも様々な歴史的背景が垣間見えます。私は今回の滞在を通して、ワルシャワで多くのことを見聞しました。そしていつも思うことですが、日本人がヨーロッパで仕事をするのに最も必要なものは、相手をよく理解することです。経済力ではなく歴史的知見です。哲学や思想をはじめユーモアや品格もそこから派生されるものだからです。国の尊厳や企業の価値を毀損しない働きとは何でしょう。志を共にする皆で考えていきたいことです。

 
 
関連記事
.28 2017 海外漫遊 comment(-) trackback(-)

[ SEARCH ]


[ TWITTER ]

[ AMAZON.CO.JP ]


特別企画「フィギュアスケートを彩るクラシック」にて執筆しました。また、ベストドレッサー賞の授賞式における演奏についてレポート取材が掲載されています。
 

金沢でのMusic Batonについてレポート取材が掲載されています。
 

2016年の新譜CD《そして鐘は鳴る》(キングインターナショナル)です。
 

初執筆のエッセイ本《赤松林太郎 虹のように》(道和書院)です。
 

表紙&巻頭インタビューが6頁にわたり掲載されています。
 

導入期のペダリングについて執筆しました。
 

特別企画「私のピアノ黎明期」にて、幼少時代(写真付)のことを執筆しました。
 

飯田有抄さんにモデルレッスン生を務めていただき、対談形式でレッスンの様子が6頁にわたり掲載されています。
 

誌上講座にてシューマン作品の指導法「ポエジーこそがシューマンの魅力であり演奏の難しさでもある」を執筆しました。
 

2014年の新譜CD《ピアソラの天使》(キングインターナショナル)です。
 

「きものMyStyle」拡大版で掲載されています。


2014年の新譜CD《ふたりのドメニコ》(キングインターナショナル)です。
 

「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第4回が掲載されています。エッセイと共に、冬のコレクションをお楽しみ下さい。


「レッスン密着レポ」で5頁特集されています。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第3回が掲載されています。エッセイと共に、秋のコレクションをお楽しみ下さい。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第2回が掲載されています。エッセイと共に、夏のコレクションをお楽しみ下さい。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」という連載ページが始まりました。エッセイと併せて、私のきものコレクションそお楽しみ下さい。


男のきもの特集で「おしゃれ達人の『男』の着こなし」として1頁取り上げていただきました。


2010年の新譜CD《My dear Hungary!!》です。


等伯没後400年の2010年、彼の代表作『松林図屏風』に寄せたエッセイが「別冊太陽」(平凡社)で掲載されました。


別冊付録「プチ・モス」の表紙になりました。


メジャーデビュー公演前に、インタビューを全面記事で掲載していただきました。

[ MEMO ]

日刊スゴい人!
第402回(2011年7月15日配信/8月17日再配信)のスゴイ人!に取り上げていただきました。