FC2ブログ

Belvedere Torso in Musei Vaticani, Roma

26/11/2018(Roma)
〈ミューズの間〉でひときわ目を引いたのが《ベルヴェデーレのトルソ》でした。紀元前1世紀にアポロニオスが制作した大理石の彫刻で、失われた下半身を加えたら2メートルを超える大きさを誇ったことでしょう。力を込めて上半身をひねっているポーズだけで、猛獣と立ち向かう若い男性の勇敢さが部屋いっぱいに溢れ出ています。このヘラクレスを想わせるトルソは、ルーブル美術館の《ミロのヴィーナス》とまさに好対照。このトルソの前に立ち止まった多くの人が、ミケランジェリ・ブオナローティの人生に想いを馳せるのではないかと思います。30代のほぼ全てをかけてシスティーナ礼拝堂の天井画を完成させたミケランジェロが、クレメンス7世に命じられて祭壇画の制作にも取り掛かったのは60歳を迎えた1535年のこと。フレスコ画を描く肉体的苦痛を考えただけでも、この歳で再び創造への情熱をたぎらせるのは並々ならぬことだったにちがいありませんが、ミケランジェロは再びこのトルソに立ち戻りました。かつてユリウス2世(天井画をめぐりミケランジェロと大きな確執が続いた)がミケランジェリにこのトルソの修復を命じた時、「このトルソの朽ち果てた姿は、十分すぎるほど美しい」といって拒んだそうですが、このエピソードが示すものは芸術の神髄です。ラファエロもミケランジェロも、その後に続くマニエリスムの芸術家たちも、このトルソのデッサンに耽ったのでしょうが、模倣はあくまで模倣にすぎません。絵画にしろ、彫刻にしろ、音楽にしろ、外観や様式では表しきれない部分に真実が宿り、生命の灯がともるのですから、心の耳を澄ませ、心の眼を開かないかぎり、何人も創造の源泉に触れることはできないのです。完全な姿でないトルソだからこそ、《最後の審判》におけるキリストの力強さが導き出され、天国に昇る者と地獄に堕ちる者を裁くシーンが結実しました。ミケランジェロの描くキリストは、私たちが想像する痩せ細った像とは大きく異なります。ルネッサンス時代ゆえの業であり、イタリア人としての古代ギリシアへの憧れでもあります。時を隔てて、人間は想いを巡らせるものです。それから350年が経ち、オーギュスト・ロダンがこのトルソから《考える人》を産み落としたことは感動的ですらあります。

.26 2018 諸藝雑記 comment(-) trackback(-)

Heavenly paradise on Roman mosaic

25/11/2018(Roma)
キリストが生まれる以前より、モザイクは人が生きていた証を壁や床に残し、色とりどりの表情を持って時代を描いてきました。古代のローマは大きな帝国を誇り、パックス・ロマーナの時代には人口100万人以上を有していたので、記録は何よりも重要なことでした。属州であったエジプトから運ばれてくる帆船を描くことで、ローマの胃袋を満たすのに十分な15万トンの小麦の存在が明らかになりますし、なによりもキリスト教の布教の上でなくてはならないものでした。その点で、古代ローマの歴史はモザイクによって描かれてきたともいえます。コンスタンティヌス帝がコンスタンティノポリス(現在のイスタンブール)に遷都したのを機に、ローマは緩やかに中世へと移行して、モザイクはフレスコへと譲ることになります。ローマではフレスコ画の下に壊されたモザイクが眠っていることも珍しくないのです。数あるローマの古いモザイクの中でも、サンタ・プラッセーデ教会のモザイクは天上の美しさ。

 
.25 2018 諸藝雑記 comment(-) trackback(-)

Palazzo Barberini, Roma

25/11/2018(Roma)
法王まで輩出したバルベリーニ家の栄華を物語るバルベリーニ宮。紋章になっている3匹の蜂は、共同体としての変わらぬ忠誠(活発、労働、社会的結束)を表すと共に、やはり三位一体を想わせるもの。ジャン・ロレンツォ・ベルニーニとフランチェスコ・ボッロミーニというバロックの2大巨匠が手掛けた建物ですが、この不仲のライバルの場外戦がローマのあちこちで見ることができ、耳を澄ませば17世紀の喧騒が聞こえてくるようです。

 
 
 
.25 2018 諸藝雑記 comment(-) trackback(-)

The fifth time I’ve been in Roma

24/11/2018(Roma)
5度目のローマ。路地裏のレストランで抜栓したフラスカーティの白ワインが、12年間眠っていた記憶の扉をゆっくりと押し開きました。思い返せばフラスカーティでリサイタルをした日も冷たい雨が降っており、ローマ市内の丘を降る道すがら、行商人から買った傘が重宝しました。この時期の雨は長く尾を引きます。フラスカーティといえばルネッサンス時代からヴァチカンと深い結びつきを持つアルドブランディーニ家ゆかりの地で、滞在中は裏面にサインの入った名刺のおかげで、どこのレストランでも良い待遇を受けたものです。当家の所有していた宮殿は現在のキージ宮となってその名を永遠に残しましたが、ラファエロの名画『アルドブランディーニの聖母』を出発点にフィレンツェからローマに至るこのファミリーの歴史を辿ってみることで、中世イタリアが朧げに浮かび上がってくるのを見たいと願っています。

 
.24 2018 海外漫遊 comment(-) trackback(-)

PTNA Piano Step in Ebina, Kanagawa (Adviser & Talk-concert)

23/12/2018(海老名)
記録。

 
 
.23 2018 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Recording for new album

22/11/2018(東京)
再びキング関口台スタジオ。キングインターナショナル5作目の収録が全て完了しました。6作目の収録はすでに終わっており、新年には7作目のレコーディングが始まります。矢継ぎ早でのアルバム制作ですが、それぞれに趣向を凝らしていますので、楽しみにしていただけましたら幸いです。

 
.22 2018 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Workshop (Beethoven: Sonata vol.3) in Kawaguchi, Saitama

22/11/2018(川口)
ハイリゲンシュタットのベートーヴェン像に並んで、歴代の指揮者が運命交響曲を振る真似をしたり、ベートーヴェンが弾くたびに壊れたというピアノをヨーロッパ中に探し求めたり、ピアノソナタを第1番から順にオーケストレーションをして、フルスコア譜を作るのに没頭した20代を経験しました。第1番のピアノソナタに至るまでの入念さは前例を見ないほどで(その多くの作品をYouTubeに残しています)、ベートーヴェンという人生が全作品による見事な有機体であることに感動を覚えるばかり。今日はピアノソナタ第5番をじっくり2時間かけて演奏&解説しました。

 
.22 2018 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Workshop (Bach: Sinfonia vol.3) in Hirosaki, Aomori

21/11/2018(弘前)
弘前公園の大イチョウが一年の終わりを告げています。弘前でのシンフォニア講座も次回がいよいよ最終回。1年間使いこんだベーレンライター版が多くを物語っています。

 
 
.21 2018 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Soprano Recital at Osaka City Central Public Hall

19/11/2018(大阪)
足利真貴さんの新譜《ひかり射す》が発売されたのを記念して、大阪・東京・名古屋で公演が開催されます。今日はその1回目、大阪市中央公会堂でのソワレでした。歴史ある建造物の小集会場はよい音響で、コンサートホールにはない味わいがプログラムに華を添えました。

 
.19 2018 日々音楽 comment(-) trackback(-)

PTNA Piano Step in Tokyo (Adviser & Talk-concert)

18/11/2018(東京)
ピティナTOKYOポピュラーステーションのピアノ・ステップ。終日にわたりポピュラー音楽を聴いていると、クラシック音楽は(たとえ愛や喜びを表現するものであっても)やはりシリアスな存在なのだと痛感します。それは演奏する姿となって何よりも反映され、自由の拠りどころの違いを明確にします。普段のレッスンでは決して聴くことのないジャズの名曲やポピュラーのヒットナンバーを、余すところなく楽しませてもらった一日。

 
 
.18 2018 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Concert & Masterclass in Hamamatsu, Shizuoka

17/11/2018(浜松)
カワイ音楽教育研究会のイベントとして、カワイピアノコンクールの課題曲に基づくレクチャーコンサートを開催していただき、20世紀音楽をたっぷりお届けしました。午後からのマスタークラスが終了するのと同じタイミングで、浜松国際ピアノコンクール第2次予選の結果が発表されて、うれしい知らせに触れることができました。初志貫徹、一味同心。

 
 
.17 2018 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Recording Concert for PTNA Piano Encyclopedia in Tokyo

16/11/2018(東京)
地道に続けている活動の一つに、ピティナの公開録音コンサートがあります。今回は2度目の出演となる栗田智水さんのフルートと共に、近代フランスの作曲家を取り上げました。パリでロマンティシズムをたっぷり吸い込み、世紀末を経験して新しい時代を生きた人たち。フルートのための作品もあれば、歌曲(メロディ)からの転用、ピアノ伴奏への編曲もありますが、この時代の音楽がフルートを必要として、その音色に寄り添う楽器としてピアノはますます多彩になりました。私はパリでフルートの伴奏を主業にしていた時期が長く、こうしてエスプリに溢れる響きに戯れるたび、フランスに戻りたい気持ちが強くなります。今年発売された栗田さんの新譜《Aria》でも伴奏を務めましたので、お求めいただけましたら幸いです。

 
 
.16 2018 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Workshop (Bach: Sinfonia vol.2) in Funabashi, Chiba

15/11/2018(船橋)
伊藤楽器での講座シリーズは丸一年を迎えました。満席御礼。シンフォニア講座では通奏低音の意義をよく考えることで、なぜこの曲集が「ファンタジア」として始まり、附録として多くの装飾譜が残されているかが明らかになり、私たちの学習意図がはっきりしてきます。息子への教則本として書き始めたはずが、いつしかヨハン・セバスティアン自身の芸術家としての情熱が高まり、聖書に記された福音を音で描きあげるに至ります。一つの休符にも重要な意味があるわけで、セミナーを重ねるほどに実に濃密な世界を私自身も体感しています。来年1月号の『ムジカノーヴァ』から全15曲の解説を連載予定。

 
.15 2018 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Workshop (20th-century classical music) in Osaka

14/11/2018(大阪)
今日は大阪で20世紀音楽の諸相について話しました。夢やロマンは純粋であるほど怪物になる危険を孕んでおり、ワーグナーを経験した後期ロマン派の作曲家たちがどのような道のりを歩むことになるのか。ハプスブルク帝国自体の肥大・爛熟・溶解の過程を重ねながら、以下の3点ー近代フランス(アンシャン=レジームへの郷愁、エトランジェの存在)、ナショナリズムの台頭(諸民族の音楽語法)、ソビエト(社会主義国家という実験)に区分して、それぞれの作品背景と演奏分析にアプローチしてみました。本当に音楽を志すのであれば、できるだけ若いうちに留学を経験することでヨーロッパの動静を直に感じ、ヨーロッパを緯糸と縦糸で織り上げ、現象を浮かび上がらせる力を培うことが必須だと思います。本日も満席御礼。

.14 2018 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Masterclass for Special Class in Nishinomiya, Hyogo

13/11/2018(西宮)
演奏の中に作曲家を出現させる。そのためのあらゆる手助けをするのが、ピアノ指導者のレッスン。日々よい出会いをいただいています。

.13 2018 日々音楽 comment(-) trackback(-)
 HOME 

[ SEARCH ]


[ TWITTER ]

[ AMAZON.CO.JP ]


第2回ダヌビア・タレンツ国際音楽コンクール(ハンガリー・ヴァーツ)のレポートを執筆しました。
 

2017年の新譜CD《インヴェンションへのオマージュ》(キングインターナショナル)です。
 

インタビューを全面記事で掲載していただきました。
 

〈今月の1曲〉シューマン『飛翔』の練習課題を執筆しました。
 

特集「コンクール奮闘記」にて執筆しました。また、インタビュー記事や多摩で開催された「CASIO Music Baton」のレポートも掲載されています。
 

特集「“聴く”ってなあに?」にて執筆しました。また、台湾で開催された「CELIVIANO Grand Hybrid」のレポート記事も掲載されています。
 

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2017の出演について、また京都で開催された「CASIO Music Baton」のレポートも掲載されています。
 

特集「今どき!電子ピアノ事情」にて執筆しました。
 

特集「はじめての先生に教えたい!コンクール活用術」にて、ピアニストのプログラム構成法について執筆しました。
 

「ピアニストが語る2017年春夏のスケジュール」にて執筆しました。
 

新譜CD《そして鐘は鳴る》について、インタビューを全面記事で掲載していただきました。
 

特集「フィギュアスケートを彩るクラシック」にて執筆しました。また、ベストドレッサー賞の授賞式における演奏についてレポート取材が掲載されています。
 

金沢での「CASIO Music Baton」についてレポート取材が掲載されています。
 

2016年の新譜CD《そして鐘は鳴る》(キングインターナショナル)です。
 

初執筆のエッセイ本《赤松林太郎 虹のように》(道和書院)です。
 

表紙&巻頭インタビューが6頁にわたり掲載されています。
 

導入期のペダリングについて執筆しました。
 

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2016の出演についてレポート取材が掲載されています。
 

特集「私のピアノ黎明期」にて、幼少時代(写真付)のことを執筆しました。
 

飯田有抄さんにモデルレッスン生を務めていただき、対談形式でレッスンの様子が6頁にわたり掲載されています。
 

誌上講座にてシューマン作品の指導法「ポエジーこそがシューマンの魅力であり演奏の難しさでもある」を執筆しました。
 

2014年の新譜CD《ピアソラの天使》(キングインターナショナル)です。
 

「きものMyStyle」拡大版で掲載されています。


2014年の新譜CD《ふたりのドメニコ》(キングインターナショナル)です。
 

「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第4回が掲載されています。エッセイと共に、冬のコレクションをお楽しみ下さい。


「レッスン密着レポ」で5頁特集されています。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第3回が掲載されています。エッセイと共に、秋のコレクションをお楽しみ下さい。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第2回が掲載されています。エッセイと共に、夏のコレクションをお楽しみ下さい。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」という連載ページが始まりました。エッセイと併せて、私のきものコレクションそお楽しみ下さい。


男のきもの特集で「おしゃれ達人の『男』の着こなし」として1頁取り上げていただきました。


2010年の新譜CD《My dear Hungary!!》です。


等伯没後400年の2010年、彼の代表作『松林図屏風』に寄せたエッセイが「別冊太陽」(平凡社)で掲載されました。


別冊付録「プチ・モス」の表紙になりました。


メジャーデビュー公演前に、インタビューを全面記事で掲載していただきました。