Workshop in Kitakyusyu, Fukuoka

20/2/2017(北九州)
生前にレッスンを受けた井上直幸先生のペダリングが美しく、古典派には古典派らしい、ハイドンならではの、モーツァルトならではの、ベートーヴェンならではの、作曲年代や曲想に応じたペダルの使い方があると知ったのは小学校6年生の時でした。本部に新しい教材を用意していただき、今日はそういったペダリングを一音単位で詳細にレクチャーしました。楽器の変遷を経て旋律優位のロマン派になると、ペダリングは美しく濁らせるための技術が必要となります。ちょうどコーヒーやワインが巧みなブレンドによって生み出されるのと同じで、非和声に働く音をどのようにペダルで含んでいくのかが美しさの鍵を握ります。ペダリングを追求するほど、鍵盤のタッチングにも意識が及ぶようになりますから、私はペダルを使い始める幼少期からこのようなことをしっかり伝えるように努めています。ピティナハピネスKitaQステーション(代表・熊本美由紀先生)の皆様に2日間大変お世話になりました。

 
.20 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)

PTNA Piano Step in Kitakyusyu, Fukuoka (Adviser & Talk-concert)

19/2/2017(北九州)
福岡から北九州に移り、今日はピティナ・ピアノステップの黒崎2月地区(ハピネスKitaQステーション)でアドバイザー&トークコンサートを務めさせていただきました。田中克己先生がご講評の際に「聴いていると、弾きたくなってうずうずする」「理屈ではなくて」と熱く語っておられたとおりなのですが、第7・8部のステージでは名手たちとの室内楽が続き、音で対話することの幸せで満たされた時間でした。今日も福岡国際ピアノマスタークラス生たちの演奏をホールで聴けて、耳も目も大満足。

 
 
.19 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)

PTNA Piano Step in Sue, Fukuoka (Adviser & Talk-concert)

18/2/2017(須恵)
昨年に引き続き、ピティナ・ピアノステップの福岡かすや地区(福岡ヴァルールステーション)でアドバイザー&トークコンサートを務めさせていただきました。アザレアホールのカワイEXはますます闊達な楽器となっており、すばらしい音色の変化を見せてくれました。福岡国際ピアノマスタークラスの生徒たちも出演させていただき、お世話になりました。

 
.18 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)

【レポート】50周年企画「対談インタビュー」第8回 ピアノ曲事典・公開録音コンサート座談会|ピティナ

一般社団法人全日本ピアノ指導者協会の創立50周年記念企画で続けられている座談会に参加して、「ピアノ曲事典・公開録音コンサート」をトピックスにした記事が掲載されました。
http://www.piano.or.jp/concert/news/2017/02/17_22680.html
.17 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Workshop in Fukuoka

17/2/2017(福岡)
福岡ヴァルールミュージックスタジオ主催によるアナリーゼ講座は、7回目でようやくインヴェンション全曲が終わりました。毎回じっくりと取り組んでいるので、15曲にたどり着くと達成感も一入です。継続のご尽力をいただいている田中輝美先生はじめ皆様に御礼申し上げます。次回開催は5月30日(火)。

.17 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Workshop in Utsunomiya

16/2/2017(宇都宮)
宇都宮バスティン研究会の主催による〈四期〉講座。音でヨーロッパの歴史を紐解き、往時を思い起こすことは、生きている者にとっての至福の時間です。
.16 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)

【レポート】「四期」の知っておくべきこと ‐作曲家とその時代の音楽的語法‐(赤松林太郎先生)|ピティナ岡山支部

ピティナ岡山支部で主催していただいた公開講座の実施レポートです。近現代から開始して、第2回はバロックがテーマでした。満席のご参加をいただきありがとうございました。
http://branch.piano.or.jp/okayama/column/2017/02/16_011417.html
.16 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)

【レポート】赤松林太郎徹底講座シリーズ バロック・シンフォニア編|ピティナ川口キューポラステーション

ピティナ川口キューポラステーション(代表・鈴木慶子先生)&ピティナ越谷北ステーション(代表・吉村節子先生)&ピティナさいたまプリムローズステーション(代表・湯本早百合先生)の共催による公開講座の実施レポートです。3回にわたるシンフォニア講座の終了です。
http://branch.piano.or.jp/kawaguchi-cupola/column/2017/02/16_011414.html
.16 2017 お知らせ comment(-) trackback(-)

Recording Concert at Tokyo

15/2/2017(東京)
フルートの重見佳奈さんとチェロの長谷川陽子さんとトリオ。音楽のバトンを古典派からロマン派へとつなぎ、19世紀音楽史に台頭するドイツの礎となった作曲家から、今回はクーラウとウェーバーを取り上げました。「フルートのベートーヴェン」と呼ばれたクーラウのトリオは、ピアノのためのソナチネからだけでは想像もつかないほどの充実作。また、ウェーバーのトリオではゲーテの『羊飼いの嘆きの歌』が引用されており、同じタイトルから影響を受けたシューベルトやメンデルスゾーンの瑞々しさを彷彿とさせるポエジーが溢れています。ピティナ・ピアノ曲事典での公開録音をもっと多くの方々に聴いていただけるよう、これからも情報を発信していきたいと思います。

.15 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Workshop in Tokyo

15/2/2017(東京)
公益財団法人かけはし芸術文化振興財団の主催によるセミナー第2弾は、Rolandの電子チェンバロC-30を使った【電子楽器で再現するバッハの生きた時代】でした。この楽器は平均律、ベルクマイスター、キルンベルガー、バロッティ、ミーントーンの5種類の調律をボタン一つの操作で切り替えられるため、純正律から平均律へと至る過程の、'well-tempered'をめぐる様々な試行錯誤を実感することができます。古典調律について記述した書物は多いですが、その数学的な理論を実際の音として噛み砕き、生きた時代の産物として実感するには高い壁があります。平均律がスタンダードなモダンピアノの時代に生きる私たちにとっては、ひょっとすると違和感のある音程に聞こえるかもしれませんが、これは美しさを追求したバロック時代の叡智の結晶でもあります。21日(火)は大阪会場にて開講予定。
.15 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Recording for new album

14/2/2017(東京)
昨年のラ・フォル・ジュルネで知り合い、ようやく共演が叶ったオーボエ奏者の最上峰行氏。センチメンタルな音色で旋律の綾を微細に操られ、その演奏に何度も引き込まれました。今回はCASIOとKANAGAWAの協業レーベルによる収録第2弾で、来月以降の配布が予定されています。

 
.14 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)

【レポート】ピアニスト赤松林太郎氏がカシオCELVIANO Grand Hybridで演奏会|ミュージックトレード

先週開催された名古屋での「CASIO Music Baton」のレポート速報が、楽器専門誌『ミュージックトレード』の公式サイトで掲載されました。詳細はまもなく発売される3月号をご覧下さい。
http://www.musictrades.co.jp/sp/news/?article=7813
.14 2017 お知らせ comment(-) trackback(-)

Happy Valentine's Day!

14/2/2017(東京)
全国のJFN系31局ネットで放送される「Memories&Discoveries」で2月7日~10日のクラシックリコメンダーとして出演させていただき、《バレンタイン週間に聴きたいクラシック音楽》というテーマに沿って、①プーランク:ヴァイオリンソナタより第2楽章「ギターが夢に涙を流させる」(ヴァイオリン=ジャン=ジャック・カントロフ、ピアノ=ジャック・ルヴィエ) ②ラヴェル:ヴァイオリンソナタより第3楽章(ヴァイオリン=パトリシア・コパチンスカヤ、ピアノ=ファジル・サイ) ③R.シュトラウス:あした!(ソプラノ=エディット・マティス、ピアノ:ジェラール・ウィス) ④リスト:愛の賛歌(ピアノ=フランス・クリダ) をお届けしました。今年もバレンタインデーを仕事で迎えられたことをうれしく思います。

.14 2017 お知らせ comment(-) trackback(-)

Workshop in Tokyo

13/2/2017(東京)
東京での平均律講座第3回。毎回手書きの復習プリントを配布しており、前回分の第3番と第4番をさらに深めることができました。あらゆる角度から検証することができ、気づかされることも多ければ、考えさせられることも多く、今回は「着想」が大バッハにとってどういうことなのかを主題にして、講座内容を展開しました。調性の問題ひとつを取っても、当時の調律法から考察するべきことは多く、派生する話題は際限なく、2時間というあまりに短い時間ばかりが悔やまれます。下半期からも継続してピティナ市ヶ谷プルミエステーション(代表・梅村崇子先生)に主催していただきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 
.13 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)

Piano Recital in Yanagawa, Fukuoka

11/2/2017(柳川)
柳川市民会館にてピアノリサイタルを開催していただき、大ホールがほぼ満席になりました。そのおかげで後半にはホールも暖まり、浜松から運び込まれたばかりのCFXも本来のポテンシャルを全開にして、しっかりと応えてくれました。ヨーロッパを二大河川が流れるように、日本にはCFXとSK-EXという不死鳥のような楽器があり、私にとっての父性と母性です。今年は帰国10周年にあたり、各地で大きなリサイタルやコンサートを用意していただいています。次回もおいでいただけるように、一回ずつの舞台を大事に踏んでいきたいと思っています。このたび主催していただきました小川楽器には心より御礼申し上げます。

 
 
 
.11 2017 日々音楽 comment(-) trackback(-)
 HOME 

[ SEARCH ]


[ TWITTER ]

[ AMAZON.CO.JP ]


特別企画「フィギュアスケートを彩るクラシック」にて執筆しました。また、ベストドレッサー賞の授賞式における演奏についてレポート取材が掲載されています。
 

金沢でのMusic Batonについてレポート取材が掲載されています。
 

2016年の新譜CD《そして鐘は鳴る》(キングインターナショナル)です。
 

初執筆のエッセイ本《赤松林太郎 虹のように》(道和書院)です。
 

表紙&巻頭インタビューが6頁にわたり掲載されています。
 

導入期のペダリングについて執筆しました。
 

特別企画「私のピアノ黎明期」にて、幼少時代(写真付)のことを執筆しました。
 

飯田有抄さんにモデルレッスン生を務めていただき、対談形式でレッスンの様子が6頁にわたり掲載されています。
 

誌上講座にてシューマン作品の指導法「ポエジーこそがシューマンの魅力であり演奏の難しさでもある」を執筆しました。
 

2014年の新譜CD《ピアソラの天使》(キングインターナショナル)です。
 

「きものMyStyle」拡大版で掲載されています。


2014年の新譜CD《ふたりのドメニコ》(キングインターナショナル)です。
 

「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第4回が掲載されています。エッセイと共に、冬のコレクションをお楽しみ下さい。


「レッスン密着レポ」で5頁特集されています。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第3回が掲載されています。エッセイと共に、秋のコレクションをお楽しみ下さい。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」第2回が掲載されています。エッセイと共に、夏のコレクションをお楽しみ下さい。


「闘うピアニスト・赤松林太郎のきもの語り」という連載ページが始まりました。エッセイと併せて、私のきものコレクションそお楽しみ下さい。


男のきもの特集で「おしゃれ達人の『男』の着こなし」として1頁取り上げていただきました。


2010年の新譜CD《My dear Hungary!!》です。


等伯没後400年の2010年、彼の代表作『松林図屏風』に寄せたエッセイが「別冊太陽」(平凡社)で掲載されました。


別冊付録「プチ・モス」の表紙になりました。


メジャーデビュー公演前に、インタビューを全面記事で掲載していただきました。

[ MEMO ]

日刊スゴい人!
第402回(2011年7月15日配信/8月17日再配信)のスゴイ人!に取り上げていただきました。