FC2ブログ

赤松林太郎 旅と音楽

闘うピアニスト、平成から令和へ。新しい時代も駆け抜けていきます!

動画で旅する音世界 | YouTube7題 (1)


留学中はコンクールで賞金をもらうたび、小切手を換金して、パリに戻るまでに使い切っていた。スペインでは夜な夜なフラメンコのステージに通い、アルコールで麻痺している脳天を撃ち抜くタコンに心酔した。バルセロナを訪れるのは12年ぶり。待ちきれない。



ジャン・バティスト・リュリの代表作《町人貴族》。当時のスタイルで指揮している(リュリの死因にもつながる)だけでなく、彼がイタリア人であったことに対するイタリア人の誇りからか、Giovanni Battista Lulli(フランス名:Jean-Baptiste Lully)の表記になっている。おまけにフィレンツェのメディチ・リッカルディ宮での収録という徹底ぶり。



リセウ劇場はこまめに動画を配信しており、期待は高鳴るばかり。ようやくリュドミラ・モナスティルスカが聴ける! しかも《トスカ》は彼女の十八番。



モーツァルト《ピアノ協奏曲第21番》を管弦楽と共演する学生がいる。誰のカデンツァにするかは大きな案件で、ディヌ・リパッティのものを薦めたところ楽譜を探し当ててきた。フェルッチョ・ブゾーニほど大時代的なものではないにせよ、カデンツァだけは近代ピアノの魅力が存分に発揮できるものがよい。



ダニエレ・ガッティの大ファンとしては、辞める前にアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団で聴いておきたかったが、昨年ローマ歌劇場で観た《ボエーム》でその真価を体感できたし、このブラームス《交響曲第2番》も(リハーサルで決して精度が高いとはいえないが)ひどく熱くさせられる。彼は名誉のために音楽をしているのではなく、魂のために音楽をしているのだと伝わり、それゆえにいつまでも好きなのだろう。



チェンバロ(バージナル)ならではの高雅な気品をピアノの打鍵に移植する時、ノート・イネガルや音色感については結局のところ指先の欲求と衝動に任せるわけだが、現代のピアノだからこそ生まれ得る音世界があり、このパーセルの《グラウンド》は見事な成功例。



KV.397の幻想曲は未完で、最後の10小節はアウグスト・エーベルハルト・ミュラーの補筆とされているが、小倉貴久子先生の大規模な補完はデモーニッシュな側面が色濃く、ニ長調での終結はピカルディ終止として響く。モーツァルトの精神の深いところに触れており、戦慄さえ走る。


※twitter(@officelaparade)でのツイートから転載・一部加筆したものです。

at MAIMON GINZA

2019年6月12日(東京)


190612_1


 夢は語り合うものではなく、実現させるもの。極めてシンプルな考え方ですが、基本的にはこれだけで十分。あとは長い道を決して厭わず、どれほど複雑な手順でもアイデアと職人気質で一つずつほどいていく。日進月歩で変化する世界情勢を先読みしながら、守るべきものを見極め、ぐいぐい時代を牽引していけるチームでありたいと乾杯。ワーカホリック集団に必要なものは仕事と滋養。

Workshop (Chopin: Etudes vol.1) in Yokohama

2019年6月12日(横浜)


190612_2


 作曲家の自筆譜には、印刷された段階では残ることのなかった多くの思考の痕跡があり、ショパンの楽譜もその例外ではありません。ショパンのエディション問題は複雑で、とりわけポーランドのナショナルエディションであるエキエル版に対する評価は賛否両論ですが、どの原典版も同じ原資料に基づいているわけで、まずは作曲家の肉声でもある自筆譜を見直すことから始めてみたいと思います。
 横浜バスティン研究会主催による今年度の講座シリーズ〈テクニックと表現力〉では、ショパンのエチュードを取り上げます。エキエル版ではアクセントの長短が明らかですが、ショパンの残した短いアクセントは、ペダルと相まって音による大伽藍を作り上げ、長いアクセントは感情の揺れを導くロマン派ならではの記譜として感じることができるでしょう。

190612_3

Workshop (Chopin: Etudes vol.2) in Saga

2019年6月6日(佐賀)


190606_1


190606_2

Masterclass for FIPM in Fukuoka

2019年6月5日(福岡)


190605_2


 何事も軌道に乗せるまでには多大な時間と労力がかかりますが、福岡のマスタークラス(Fukuoka International Piano Masterclass)もまもなく丸3年が経ちます。指導する側は毎回がチャレンジなので、これからも七転び八起きの精神で進んでいきたいと思います。北海道・東京・埼玉・兵庫・福岡の全マスタークラスが総結集して、大ホールでのコンサート開催を夢見ています。

Piano Course at Osaka College of Music

2019年6月3日(豊中)


190603_3


 大阪音楽大学の出校日。月1回ですが、鍵盤が続く音大通りを歩く楽しみは格別です。
 7月7日(日)のオープンキャンパスでは、演奏家特別コース・ピアノコースの個人レッスンの雰囲気を公開レッスン形式で体感していただけます。午前の部は私、午後の部は岡原慎也主任教授が担当しますので、P号館107教室にお越しいただけましたら幸いです。

 https://www.daion.ac.jp/examination/event/oc-summer2019/

Workshop (Sonatine Album vol.1) in Sakai, Osaka

2019年6月3日(堺)


190603_1


 作曲家が幼少の頃(導入期)にどのような教育を受けたかを知ると、その後の書法や作風において気づくことも多いはずです。〈ソナチネアルバム〉に収録されている作曲家については、「古典派」と一括りで語られることが多いですが、ムツィオ・クレメンティとフリードリヒ・クーラウでは生きた時代も背景もずいぶん異なりますし、ヨーゼフ・ハイドンひとり見ても変化に富んでいます。奏法や解釈もそのつど考えていきたいので、やはり原典版に寄り添った「初版及び初期楽譜に基づく校訂版」を用いたいものです。
 このたびヤマハ大阪なんば店と並行してヤマハ堺店でも〈ソナチネアルバム〉講座を開催いただきましたが、両会場とも全回満席をいただいており、まことにありがとうございます。

190603_2

Masterclass in Saitama

2019年6月2日(さいたま)


190602_1 190602_2


 今年度より和幸音楽院(和幸楽器)でもマスタークラスを開講しており、第1期はジュニア科5名、受験科8名でスタートしました。
 10代の学生たちを見ていると、体重が50kgに満たなかった頃の自分を思い出し、亡き中村紘子先生から言われた「フォルテのグラデーションを無限に作りなさい。フォルテを極めるのよ」という教えが脳裏に響きました。音量ではなく音質としてのフォルテ。人の心を震わせ、大地を揺らすようなフォルテ。一方でピアニッシモで響かすことでフォルテになり得るフォルテ。これからも学生たちから無限の響きを引き出していきたいと思った一日でした。
 下半期より日程を追加して、両コース共に若干名を募集できる運びとなりましたので、ご希望の方は主催者までお問い合わせください。

 http://wako-gakki.co.jp/archives/2770

Photo session

2019年6月1日(川崎)


190601_1


 今日は撮影日でした。(これはフォトグラファーではなくアシスタントが撮ったものです)
 衣裳:EMPORIO ARMANI、LANVIN、VESTORIA、B-Three

Workshop (Bach: Sinfonia vol.1) in Musashino, Tokyo

2019年5月31日(武蔵野)


190531_1


 今年に入ってから月刊『ムジカノーヴァ』で〈シンフォニア〉の連載をしています。一曲につき1,000文字という限られた枠ですが、それゆえに、まずは主題で示されるバッハのメッセージに集中しています。対位法作品とりわけフーガでは「どこからどこまでが主題か」という点に執着した指導に傾きがちですが、肝心なのは「主題が何を表しているか」なのです。そのための調性であり、和声であり、音型であり、様式だということを再度確認しながら、1音ずつ丁寧に進めています。何度も見ているはずの楽譜なのに、あるモティーフが不意に別の作品とリンクしたり、知らなかった情報と出会ったり、書かれていないことが描かれていることに気づいた瞬間など、学びの幸せを実感します。
 首都圏では3か所目となりますが、武蔵野で再び〈シンフォニア〉講座を開講していただき感謝しています。

190531_2

Workshop (Pedaling & Bach: Invention vol.1) in Fukui

2019年5月30日(福井)


190530_1


 「青春18きっぷ」を使って北陸に通っていた学生時代から通算20年以上にわたり、福井県はなじみのある県です。今回は福井での初めてのセミナーでしたが、午前中はパピリンホールでコンクール課題曲を用いた〈ペダリング〉講座、午後は福井県立音楽堂(ハーモニーホールふくい)で〈インヴェンション〉講座をそれぞれ開講していただきました。
 愛してやまない福井県立恐竜博物館を有するだけあって、駅前広場の恐竜3体には痺れました。

Piano Recital: Charity Concert at Higashinada Baptist Charch, Kobe

2019年5月29日(神戸)


MH_190529


 東灘バプテスト教会でのチャリティーコンサートを始めて15年が経ちました。2回公演はスケジュール的にも体力的にも厳しく、今年からは夜公演のみとさせていただきましたが、1か月前に完売御礼。皆様の温かいご支援をいただき、教会から日本国際飢餓対策機構に54,000円、神戸国際支縁機構に50,000円の支援金がそれぞれ送金されました。本当にありがとうございました。

Workshop (Sonatine Album vol.2) in Hiroshima

2019年5月29日(広島)


190529_2 190529_1

190529_3


 ヨーゼフ・ハイドンが生まれてからフリードリヒ・クーラウが亡くなるまでちょうど100年。ソナチネが音楽の市場に大量に流れ込んできた古典派の時代は活気に満ちており、ロンドンなどの大都市では音楽家自身がベンチャーに乗り出し、こぞって出版や楽器製造を手掛けました。多くのパイオニアが現れた当時、私だったら何ができただろう。そう思いを馳せるだけで胸が高鳴ります。
 一冊の〈ソナチネアルバム〉には10曲足らずしか収録されていませんが、そこに登場する作曲家の足跡をたどってみると、キーパーソンであるマリー・アントワネットとフランス革命が契機となり、現在の音楽業界の原形が見えてくるようです。ソナチネの世界は楽しい!

190529_4

Workshop (Bach: Sinfonia vol.4) in Yanagawa, Fukuoka

2019年5月28日(柳川)


190528_1

Workshop (Classical period) in Kita-Kyushu, Fukuoka

2019年5月27日(北九州)


190527_3


190527_2 190527_1

190527_4

Piano Recital: KAWAI Concert at Osaka City Central Public Hall

2019年5月26日(大阪)


MH_190526


Shigeru Kawaiのロマンティックな音色は、私たちの万感を描きあげます。デュッセルドルフで、ブダペストで、ミラノで、コンサートに来られた聴衆の皆さんはうっとりとした表情をされていました。楽器は演奏家を映し出す前に、作品の魅力そのものを映し出す鏡なのだと思います。歌う楽器、Shigeru Kawai。優美で高雅な香気をまとえば、哀愁漂う場面もありますが、雄々しさを忘れてはいけません。今回のリサイタルでは、このすばらしい楽器に存分に歌ってほしい作品を集めてみました。

190526_1

190526_2


 伝統ある大阪市中央公会堂でのリサイタルは1,000名近い方々にお越しいただき、満席のうちに終えることができました。演奏中は「コンセルトヘボウ大ホールの天井から降ってくる光の粒のような音を出しなさい」という亡き師の言葉を幾度となく思い出し、Shigeru Kawai EXでしか得られない独特のパールトーンと自由奔放な音色の変化に、改めて心酔しました。
 今年度も株式会社河合楽器製作所の主催(共催: Music Education Festival in Osaka)でカワイコンサートのソリストを務めさせていただき、皆様よりお寄せいただきました温かいご支援に心から感謝申し上げます。これを励みに、今後もステージを重ねてまいる所存です。

 http://www.kawai.jp/event/detail/1561/

190526_3

190526_4 190526_5

Bach Concert for 1 hour at KAWAI Fukuoka

2019年5月25日(大宰府)


MH_190525


 どの作曲家が一番好きかという問いには答えられませんが、今弾いていて最も楽しいのはヨハン・ゼバスチャン・バッハだとはっきり言えます。全国各地で講座を続けさせていただいていますが、私は学者ではないため言葉には限界がありますし、バッハについては、話したい・弾きたいという純粋な気持ちを自由には表しにくい日本独特の空気感があり、しばしばその現実に直面します。試行錯誤できるヨーロッパへ想いを馳せることが多くなっていますが、今は研究しながら自由に弾きたい気持ちを大事にして、小さな会場でコンサートを開催する運びとなりました。
 〈バッハのいる1時間〉は自主企画なので、告知はほどほどにして、共有してくださる方々との時間を大切にしたいと思います。3会場で開催するのは、同じプログラムを3回演奏できればうれしいからです。しかし今日は追加公演をしたので、すでに2回。即興で入れるオーナメントも毎回変わるので、リハーサルからほとんど遊戯です。楽しくて、追加公演でのアンコールは4曲。《フランス組曲第5番》よりアルマンド、《ゴルトベルク変奏曲》よりアリア、《旅立つ最愛の兄に寄せるカプリッチョ》よりアリエッタ、そして《インヴェンション第15番》。ご来場くださった方々、本当にありがとうございました。

190525_1

190525_2 190525_4

190525_3

Workshop (Classical period) in Kumamoto

2019年5月24日(熊本)


190524_1


190524_2 190524_3

2 days in Takamatsu (Public Masterclass and Workshop)

2019年5月22日~23日(高松)


190522_1

190522_2


190523_1 190523_2

3 days in Kumagaya, Saitama (Pulbic Masterclass, PTNA Piano Step and Workshop)

2019年5月19日~21日(熊谷)


190520_1


190521_1